連載
特集
カテゴリー
タグ
メディア

特集−Stay Home, Stay Positive.

話題のサブスク「PostCoffee」を体験したらコーヒー観が変わった

話題のサブスク「PostCoffee」を体験したらコーヒー観が変わった
Photo: ライフハッカー[日本版]編集部

皆さんはコーヒーにこだわりはありますか?

豆の産地や品種、淹れ方など奥深いコーヒーの世界で、自分の好みぴったりの1杯を見つけるのはなかなか難しいもの。

ところが、2019年3月に始まった「PostCoffee」ならその悩みを解決してくれそうです。

「PostCoffee」は、毎月厳選されたスペシャルティコーヒーを届けてくれるサブスクリプションサービス。

月々1480円(税抜・送料込み)から始めることができ、Web上の質問に回答することで自分好みに合ったコーヒー3種をAIがセレクトしてくれます

本当に自分に合ったコーヒーが届くのか?普段飲んでいるコーヒーと違いはあるのか?を確かめるべく、「PostCoffee」を体験してみました。

約15万通りから自分に合ったコーヒーを厳選

コーヒー診断の画面
Image: PostCoffee

まずはじめに、「PostCoffee」のWebサイトにアクセスしてAIによる無料の「コーヒー診断」を受けます。

ランダムに出てくる10個の質問に答えるだけで、15万通りの組み合わせの中からAIが自分の好みの豆をカスタマイズしてくれるのだそう。

前半は「どんな時にコーヒーが飲みたくなる?」といったコーヒーに関するものから、「ランチ後のデザート、選ぶとしたら?」など全くコーヒーに関係ないものまであります。

後半は性別や年代など定型の項目なので、個性が出るのは前半5問。

そうして10個の質問に答えていくと…

意外な診断結果に

診断結果
「浅煎り大好き」という意外な結果に。上記のカスタマイズで1480円(税抜)
Screenshot: ライフハッカー[日本版]編集部 via PostCoffee

浅煎り大好き、浅煎りしか飲まない「Mr. Third Wave」

個人的には深煎りが好きだと感じていたので、正反対の結果にちょっとびっくり。

ともあれ、どんなコーヒーが届くのか? もうこの時点でワクワクしています!

なお、値段は届けられる豆の状態や砂糖とミルクの有無、届ける頻度などのカスタマイズで前後します。

定期便がポストに投函されて到着!

届いたパッケージ
キッチンにそのまま置いても自然と馴染むおしゃれなデザイン。
Photo: ライフハッカー[日本版]編集部

コーヒー診断から数日後、おしゃれなデザインの箱がポストに投函されていました。

留守でもOKだし、宅配業者とも顔をあわせなくて済むので、ポストインで届くのはかなりありがたい。

しかもパッケージに書かれている通り、すでにいい香りがしています…!

箱を開けてみると!

箱を開けたところ
Photo: ライフハッカー[日本版]編集部

開けた途端、コーヒーのいい香りがフワッと広がります…。

中には各3杯分の量のコーヒー3種、フィルター、折りたたみドリッパーのほか、PostCoffeeが提供するコーヒーのラインナップや焙煎士おすすめのコーヒーの入れ方などが載った冊子が入っていました。

筆者はブラック派なのでフィルターのみしか付けていませんが、砂糖やミルクを入れる人は、定期便1つで完結できるのでオプションでつけると便利そう。

気になるコーヒーの種類は?

届いたコーヒー3種
Photo: ライフハッカー[日本版]編集部

今回届いたコーヒーは、この3種!

筆者はあまりコーヒーを飲む習慣がないので、初心者にもおすすめの「ハンドドリップ用に挽いたもの」を注文。

ほかにも、「豆のまま」「フレンチプレス用に挽いたもの」「エアロプレス用に挽いたもの」「コーヒーメーカー用に挽いたもの」「コーヒーバッグ」から豆の状態を選ぶことができます。

また、各パッケージにはQRコードもついていて、産地や銘柄がすぐに確認できるようになっています。

スペシャルティコーヒーの実力やいかに

仕事中に飲むコーヒー
仕事の合間に飲むのは「Costa Rica La Candelilla」がぴったりでした。
Photo: ライフハッカー[日本版]編集部

香りはエチオピア産のものが好みですが、果たしてお味はいかに。

早速3種類のコーヒーを飲み比べてみることにしました!

●「Ethiopia Banko Gotiti Natural」

3種類の中では最も浅煎り。味はとってもライトで、まるで紅茶を飲んでいるよう! いい意味でものすごく期待を裏切られました。

香りが華やかで、「上品なコーヒー」という印象。コーヒーが苦手な人でもスルスル飲めてしまいそうです。

●「PostCoffee Blend」

付属冊子に記載のチャート図によれば、苦味・焙煎度ともに中間のバランス型。届いた中では最も焙煎度は高いです。

コーヒーの傾向で言えば酸味が強めの味ですが、「酸っぱいコーヒー」にありがちの嫌な酸味ではなく、フレッシュフルーツのような爽やかな味。

「Costa Rica La Candelilla」

チャート図では「PostCoffee Blend」と同じくバランス型ですが、3種類の中では最もコーヒーらしさを感じる、好みの味!

コクのある味わいにキリッとした印象。仕事中に飲むと集中できそう。

インスタントコーヒーとも比較してみたところ、味は言うまでもなく香りがまったく違う

いいコーヒーは香りから違うのか…。これはインスタントコーヒーが飲めなくなりそうです。

ちなみに、届いた3種類のコーヒーは会員ページから「フィードバック」機能を使って「好き」「普通」「苦手」から評価することができます。

このフィードバックを重ねることで、届くコーヒーがより好みに近づいていくのだそう。

「思っていた好みの味と違った」ということが回を重ねるたびに減っていくのは嬉しい機能ですね。

おまけ小話:付属のドリッパーが便利!

付属のドリッパー
Photo: ライフハッカー[日本版]編集部

今回、コーヒー以外にも嬉しかったのが付属の折りたたみドリッパー

3枚のパーツを組み合わせてペーパフィルターをセットすれば簡単にコーヒーをドリップすることができます。

こんな風に使えます

ドリッパーの使い方
Photo: ライフハッカー[日本版]編集部

きちんとマグカップの縁に安定してセットすることが可能。

「ドリップコーヒーが飲みたいけど、器具がなくて淹れられない…」という悩みがなくなるので、コーヒー初心者の筆者も手軽に挑戦できました。

アウトドアとの相性もいいのでは!

ベランダで飲むコーヒー
少しでもアウトドア気分を味わうためにベランダへ。太陽の下で飲むコーヒーはおいしい!
Photo: ライフハッカー[日本版]編集部

簡単に組み立て・解体ができ、かさばらないのでアウトドアでも活躍してくれそう!

家だけでなく、お出かけ先でもハイレベルのコーヒーが楽しめそうです。

コーヒー初心者から上級者まで楽しめる! コスパも◎

ポストコーヒーのパッケージ
Photo: ライフハッカー[日本版]編集部

今回驚いたのは、自分が想像以上に浅煎り好きだとわかったこと!

今までこんなにおいしいものを「飲まず嫌い」していたなんて、もったいなかったなあと感じました。

もっと安いコーヒーやインスタントコーヒーもあるけれど、産地や品質にこだわった高クオリティのコーヒーを楽しむ時間があると1日の満足度が大きく変わります。

また、カスタマイズにもよりますが、1杯約160円超でこのクオリティのコーヒーが飲めるのは、かなり高コスパ!

何より、筆者にとってはコーヒー観が変わる貴重な体験ができました。

コーヒー初心者から上級者まで楽しめる「PostCoffee」、一度試してみて損はなさそうです。

あわせて読みたい

全国のおいしいパンが自宅に届くサブスク「パンスク」を試してみました!

siroca 全自動コーヒーメーカー カフェばこを使ってみました!

定額制でカフェ選び放題!コーヒーのサブスク型サービス「CAFE PASS」


Photo: ライフハッカー[日本版]編集部

Image: PostCoffee

Source: PostCoffee

ライフハッカー[日本版]編集部 水野

swiper-button-prev
swiper-button-next