連載
特集
カテゴリー
タグ
メディア

今日のライフハックツール

出張や気楽な小旅行にピッタリの合体型バッグ【今日のライフハックツール】

  • カテゴリー:
  • TOOL
出張や気楽な小旅行にピッタリの合体型バッグ【今日のライフハックツール】
Image: ODA - Hop / Kickstarter

常に持ち歩くアイテムは、だいたい決まっているもの。

そのアイテムを使い慣れたバッグのどこに入れるかまで、固定化されていることがほとんどでしょう。

でも、出張や小旅行に出かけるとなると、それらアイテムを容量の大きい旅行用バッグに詰め替えないといけないのです。

そんなふうに旅支度は面倒なものですが、できることなら簡素化したいですよね。

ODA - Hop』は、そんな問題を解決してくれるユニークなバッグです。

バックパックとショルダーバッグを一体化

20200309_odahop_01
Image: ODA - Hop / Kickstarter

これは、バックパックとショルダーバッグの2つのバッグを組み合わせて、一体化できる合体型バッグ。

どちらかを普段使いにして、もう片方は増設バッグとして機能させることになります。

ショルダーバッグのフタ側にはマグネットが設置されていて、バックパックの背面側にある金属パーツをキャッチしてくれるので、合体はワンタッチ。

20200309_odahop_03
Image: ODA - Hop / Kickstarter

合体させたら、万が一の脱落に備えてショルダーバッグのストラップをバックパックの取っ手に通すのですが、ストラップも手間なく付け外しできるように、マグネット式バックルが採用されています。

20200309_odahop_02
Image: ODA - Hop / Kickstarter

ショルダーバッグのボディは、ハードタイプで耐衝撃性に優れた作り。さらに、バックパック、ショルダーバッグとも防水仕様になっています。

バックパックの容量は約12リットルで、重量約0.7kg。約42x29x9cmと、16インチのMacBook Proも収納可能なワイドサイズ。

一方のショルダーバッグは、容量が約16リットルとなっていて、重量は約1.1kg。サイズは約42x29x12cmで、3日程度の旅行が想定されています。

ちなみに、それぞれ単体なら機内持ち込みも可能。

機能的なポケットが充実したバックパックも、間仕切りで様々なアイテムを機能的に収納できるショルダーバッグも、単体でそれぞれ使い勝手がいい仕様になっているところも、見逃せないポイント。

出張がちな人や、週末を利用して一泊から二泊の旅行を楽しんでいる人なら、チェックしておいて損はないと思います。

海外通販で買い物するときの注意点は?問い合わせに使える例文も紹介

あわせて読みたい

軽量×コンパクトなのに大容量!高い防水機能も持つ、2000円台のサブバック【今日のライフハックツール】

手のひらサイズに折りたためる。中身の取り出しやすさと肩の疲れにも考慮したバッグ【今日のライフハックツール】

コクヨのバッグインバッグは、バッグを“ビジネスモード”にする【今日のライフハックツール】

Image: ODA - Hop / Kickstarter

Source: ODA - Hop / Kickstarter

田中宏和

swiper-button-prev
swiper-button-next