連載
特集
カテゴリー
タグ
メディア

【まとめ】朝起きられない…リズムが乱れた体内時計をリセットする方法

【まとめ】朝起きられない…リズムが乱れた体内時計をリセットする方法
Image : Shutterstock.com

通勤や通学機会が減り、生活のスタイルが大きく変わったことで、気づけば夜型になってしまっている人へ。

リズムの乱れた生活を続けていれば、睡眠の質は下がる一方かもしれません。

GWを前に、今こそ生活習慣を見直して、体内時計を整える方法をまとめてみました。

朝型人間の方がうまくいく

「朝に強い人の方が成功する」というのはよく言われることですが、早起きは具体的にどんなメリットがあるのでしょうか?

朝型人間がウマくいく理由、「社会的時差ボケ」ってなんだ!?

体内時計が乱れてしまう原因は?

体内時計は、体のコンディションを左右する大きな要因。

どのようにして乱れ、どのようにして直すことができるのでしょうか?

体内時計をリセット! 生活リズムを整える7つの習慣

体内時計を自然に戻すには3週間かかる

日光に当たる時間や運動する時間を変えるだけで体内時計はリセットすることが可能です。

これを自然に定着させるには3週間かかります。

夜更かしな体内時計をリセットするまっとうな方法

寝る前にしない方がいいこと

睡眠の質は健康に大きな影響を与えます。だらだらと過ごすその時間が、今日の睡眠に悪影響を与えているかもしれません。

快眠の妨げになる、就寝前の6つの習慣

逆に、質の良い睡眠を得るためにできることもたくさんあります。

科学的に証明された、睡眠の質を高める7つのコツ

夜食が睡眠の質を変える

夜中にお腹が空いてしまうことってありますよね。

実は、夜食によって睡眠の質は大きく変わるんです。

まずは、食べると快眠につながる食べ物を。

夜中の空腹を満たし、快眠をもたらす夜食のススメ

一方で、睡眠の質が落ちる食べ物。

眠りの質が悪くなる、寝る前に食べない方がいい7つの食べもの

早起きできたら、したいこと

快眠と早起きができるようになったら、朝の時間を何に使いますか?

1日の過ごし方が劇的に変わりますよ。

朝が苦手な人へ、理想的な朝のルーティン4つ

昼夜逆転を今日で終わりにして、太陽と同じ時間に起きる生活を手に入れましょう!


Image : Shutterstock.com

ライフハッカー編集部

swiper-button-prev
swiper-button-next