連載
特集
カテゴリー
タグ
メディア

特集−Stay Home, Stay Positive.

人との距離を取りながら、外に出かけてリフレッシュするアイデア6選

人との距離を取りながら、外に出かけてリフレッシュするアイデア6選
Image: Shutterstock

今は、あらゆるものが閉鎖され、誰もが人との距離を取って生活をしています。

そこで、家の外に出かけて安全でいるにはどうすればいいか、という疑問が残ります。他人の安全と、自らの安全と健康を保つのに大事なのは、少なくとも約1.8メートルの距離を保ちながら、ウィルスに汚染されているかもしれない場所や、知らないうちにウィルスに汚染されているかもしれない場所を触らないようにすることです。

これによって、除外されてしまうアクティビティも多いですが、それでもいくつかの選択肢は残っています。

遠出をする時は、計画を立てなければなりません。

例えば「トイレ休憩はどうするのか?」「食事はどうするのか?」「目的地に着いたら人混みしかなかった場合は、代わりにどこに行くのか?」などです。

手の消毒剤は十分持って行き、予想外の環境だった時の遊びを考え、何より自分や家族の誰かが少しでも気分が悪くなった場合は、家から出ないということも念頭におきましょう。

それを踏まえた上で、外に出かけて安全に遊べるアイデアをいくつかご紹介しましょう。

サイクリングに行く

新鮮な空気を吸い、近所を見て回れる素晴らしい方法です。

サイクリングに行くのが久しぶりであれば、自転車の状態を事前に確認し、慎重にルートを決めましょう。

特に都市部には自転車に優しくない道もあります。自転車で道路を走る時の注意事項や、自転車のメンテナンス方法を思い出したり、自分の街が自転車で走る時の安全面でどれくらいの位置にあるのかなどを知りたい場合は、「the League of American Cyclists」で情報が得られます。

ハイキングに行く

住んでいる場所にもよりますが、近所を長時間歩き回ったり、近くの公園の中を長時間お散歩したりするのもいいです。大事なのは、人がたくさんいるところに行かないことです。毎日のように家に閉じ込もっている人がたくさんいるので、普段よりも人がいない場所を探すのは難しいかもしれません。

そのことを念頭に置いて、普段よく行く公園ではなく、あまり人に知られていない穴場に行くのが一番かもしれません。ハイキングにおすすめの場所は「Hike It Baby」でチェックしてみてください。

出前を頼む

地元のレストランを支援するには、出前をしてもらうのがいいでしょう。

サードパーティーのアプリやサービスを利用すると手数料を取られるので、できるだけ直接お店に注文をしましょう。

現金で支払う場合は、支払いの前後に手を消毒してください。また、食べ物が入っていた容器などは捨てた方がいいでしょう。

家でピクニックをする

自宅の裏庭でも、芝生の上に広げたピクニックシートの上でお弁当を食べれば、家の中に閉じこもることで溜まったストレスを発散できます。

近所の公園に行く場合は、人との距離を取り、食事をした後は片付けてゴミを持ち帰るようにしましょう。

バードウォッチングをする

バードウォッチングは車に乗ったままでもできます。つまり、子どもが昼寝をしたままでもできるだけでなく、ウィルス感染のリスクを減らすこともできます。

the Audobon Society」には、人と距離を取った状態でバードウォッチングを楽しむTIPSが載っているだけでなく、ダウンロードできる無料のバードウォッチングアプリもあります。

あわせて読みたい

新型コロナウイルス感染症が「COVID-19」と呼ばれる理由

YouTubeの音声だけ再生するChrome拡張機能。広告なしでサクサク音楽が聞ける


Image: Shutterstock

Source: Hike It Baby, the Audobon Society, Audubon

Rachel Fairbank - Lifehacker US[原文

訳:的野裕子

swiper-button-prev
swiper-button-next