連載
特集
カテゴリー
タグ
メディア

特集−Stay Home, Stay Positive.

ハンバーガーに最高に合う、自家製「チーズマヨ」の作り方2種

ハンバーガーに最高に合う、自家製「チーズマヨ」の作り方2種
Image: Claire Lower

私がハンバーガーを作るときに心がけているのは、「シンプルさ」です。

薄くつぶしたパティととろけるチーズ、あとはタマネギとトマト、ピクルスを少々。目玉焼きやアボカド、超厚切りのベーコンなんていりません。

そんな私ですが、ハンバーガーに「チーズマヨネーズ」というアイデアには大賛成です。シンプルなハンバーガーを、さらにシンプルにしてくれます。

チーズマヨネーズとは?

チーズマヨは、その名のとおりチーズをブレンドしたマヨネーズです。

このチーズたっぷりのソースは、シェフのChris Kronner氏が、超スペシャルな「KronnerBurger」のために考案しました(なんと牛の骨髄が添えられた、スペシャルなハンバーガーです)。

チーズマヨが添えられた目的は、Kronner氏が乾燥熟成させた特製パティの不足を補って、さらにおいしくするためです。さらに、全体をクリーミーで食べやすくします。マヨネーズは、スライスしたチェダーチーズのように固まってはいないですから。

オリジナルレシピ

例によって、Kronner氏のオリジナルレシピをいじってみたくなった私は、編集長とSlackでチーズマヨについて熱く語り合ったほどです。

私のレシピをご紹介する前に、まずはオリジナルソースの作り方から見ていきましょう。材料はこちらです。

材料

  • 大きめの卵黄:3個
  • ホワイトビネガー(蒸留酢):大さじ1
  • マスタードパウダー:小さじ3/4
  • コーシャーソルト:小さじ3/4
  • 植物油などの中性油:1カップ
  • ピリッとした熟成ホワイトチェダーチーズのすりおろし(私はイエローチェダーを使いました。それしか家になかったので):85g

私はハンドブレンダーでマヨネーズを作るのが好きです(THE FOOD LAB流です)。

作り方

  1. まずは、チーズとオイル以外の材料をトールサイズのプラスチックカップに入れてから、オイルをカップの側面に沿わせてゆっくりと注ぎ入れます。
  2. 次に、ブレンダーのヘッドをカップの底まで深く入れ、スピードを高速に合わせてスイッチを入れます。オイルが混ざったら、ヘッドを上下にゆっくりと動かしましょう。
  3. 全体が乳化すれば、マヨネーズのできあがりです。

マヨネーズをフードプロセッサーに移し、チーズを加えたら、なめらかになるまで混ぜ合わせます。

これで、かすかなピメントチーズっぽさと、デビルドエッグ(ゆで卵の料理)のフィリングっぽさを合わせ持つマヨネーズの完成です。

このチーズマヨはもちろんハンバーガーにぴったりですが、わたしはベーコンとトマトのサンドウィッチにもとてもよく合うと思います。オリジナルレシピによれば、冷蔵庫で2週間ほど保存できるそうですが、そんなにはもたないのではという気がします。

シュマルツ(バター)とブルーチーズの組み合わせ

手作りマヨネーズ ひとさじ(白色)
ブルーチーズ・シュマルツ・マヨ
Image: Claire Lower

このオリジナルのチーズマヨと並行して、より香りが強く、スモーキーなチーズマヨも自分で作ってみたのですが、我ながら大正解でした。

以前にもご紹介しましたが、マヨネーズに使える油は、サラダ油やグレープシードオイル、紅花油などの中性油だけではありません。もっとユニークなほかの油を使ってもいいのです。

チーズマヨの場合、油とチーズの両方をあれこれ組み合わせてみてもかまわないと思います。私もいろいろ試してみましたが、シュマルツ(動物性脂肪を融かして精製した食用油・バターでも代用可)とブルーチーズの組み合わせに落ち着きました。

いまのところ、このチョイスに絶対の自信を持っています。シュマルツとブルーチーズの風味が際立ち、肉のうまみが楽しめるブルーチーズドレッシングのようなスプレッドです。

材料はこちらです。

材料

  • 大きめの卵黄:3個
  • ホワイトビネガー(蒸留酢):大さじ1
  • マスタードパウダー:小さじ3/4
  • コーシャーソルト:小さじ3/4
  • シュマルツあるいはバター(溶かして冷ましたもの):1/4カップ
  • 植物油などの中性油:3/4カップ
  • 砕いたブルーチーズ(ゴルゴンゾーラなど):35g

さきほどと同じ要領でマヨネーズを作ります。

シュマルツと中性油をほかの材料の上にゆっくりと注いだら、ハンドブレンダーでよくかき混ぜます。そこにブルーチーズを加え、フードプロセッサーで全体がなめらかになるまで混ぜ合わせてください。

ハンバーガーやクラブサンドウィッチに塗っても、フライドポテトをディップしても、ポテトサラダを作っても、きっと幸せな気分が味わえると思います。

あわせて読みたい

甘いマヨネーズやピーナツが新鮮!台湾の定番「卵サンドイッチ」レシピ

簡単おいしいアンチョビバターはどんな料理にも使える


Image: Claire Lower

Source: Bloomberg

Claire Lower - Lifehacker US[原文

訳:ガリレオ

swiper-button-prev
swiper-button-next