連載
特集
カテゴリー
タグ
メディア

片方でも、合体しても。つかむ・すくう・混ぜる・炒めるが可能なトングと多機能おたま

  • カテゴリー:
  • TOOL
片方でも、合体しても。つかむ・すくう・混ぜる・炒めるが可能なトングと多機能おたま
Image: Amazon.co.jp

トングって便利ですよね。食材が多くても混ぜるのが楽だし、力が入りやすいから、しっかりつかめるし。

でも、収納時に広がったままだったり、ストッパー付きでも気がつくと外れてしまっていたりと、困ることもありますよね。

そこで、多機能で使いやすいトングをご紹介します!

なお、それぞれの表示価格は執筆現在のものです。変更の可能性がありますので、販売ページをご確認ください。

4通りの使い方ができる賢いトング

Image: Amazon.co.jp

KEVNHAUN(ケヴンハウン)の「スマートトング」はスプーンとフォークが合体したようなつくりで、分離して片方ずつの使用も可能

これ1つあれば、つかむ・すくう・混ぜる・炒めるという4つの作業がスイスイできるんです。

Image: Amazon.co.jp

トングとしても、幅が広いから大きいお肉もしっかり挟めます。熱に強いので、揚げ物や焼き魚もつかめますよ。

Image: Amazon.co.jp

片方がフォーク状なので、麺類もしっかりつかめます。

不要不急の外出を控えていて、長期保存のきく乾麺の消費が多くなりがちな現在、活躍してくれそう。

それに、麺類をすくう専門の調理器具はかさばるし、デザインによっては洗いにくいですよね。これならパーツを分離できるので洗うのも収納も楽です。

Image: Amazon.co.jp

もちろん、片方づかいで、しゃもじみたいにすくったり炒めるときに使ったりしても便利。ヘッドがシリコン素材なので、フライパンや鍋を傷つけないのもポイント。

「スマートトング」で、文字通りスマートに料理をこなしましょう!

同じく賢い、スプーン&穴あきスプーン

Image: Amazon.co.jp
Image: Amazon.co.jp

また、姉妹品の「クッキングスプーン 2本セット」もオススメです。

こちらはスプーン&穴あきスプーンがセットになっています。

作業の工程がコンパクトになって効率アップ

Image: Amazon.co.jp

穴あきスプーンは小回りの利くザルとして使えます。ゆだった野菜をすくえば、茹で汁を捨てることなく次にゆでる野菜を入れられて、作業が時短に。

それに油切りにも使えるので、手早くから揚げを作れます。さらにマッシャーとしても使用可能。

スプーンのほうは、チャーハンを炒めるときに使えば、しゃもじとしてそのまま楽によそえます。

Image: Amazon.co.jp

また、大きすぎず小さすぎずのサイズ感なので、お鍋のおたまとして食卓で使うのにもピッタリ。

さらに、フライパンや鍋にフィットするように作られているとのことで、無駄なくすくうことができそう。

しかも北欧デザインで、シンプルだけどオシャレ。毎日の調理がもっと楽しくなりそうです!

Image: Amazon.co.jp(1, 2

Source: Amazon.co.jp(1, 2

中川真知子

swiper-button-prev
swiper-button-next