連載
特集
カテゴリー
タグ
メディア

ストッキングで布マスクの捕集(ろ過)効果をアップする方法

ストッキングで布マスクの捕集(ろ過)効果をアップする方法
Image used with permission by Dr. Loretta Fernandez

店頭にマスクがないため、オンラインで布マスクの作り方がたくさんシェアされています。

サージカルマスクより捕集(ろ過)力が劣ると言われている布マスクですが、その効果を上げる、しかも手軽で安い方法があるそうです。

布マスクにストッキングを重ねてみたら

4月22日、ノースウェスタン大学のロレッタ・フェルナンデス助教授のチームが行なった実験結果が、プレプリントの段階ですが「medRxiv」に発表されました。

布マスクの上にナイロンストッキングを輪切りに切ったものを1層加えて、マスクの捕集力を実験しました。

N95のような医療用マスクのフィット性能を調べるのに使われるPortaCount(ポータカウント)という機械を使い、直径が20〜1000nm(ナノメートル)の粒子をブロックできるかが調べられました。<新型コロナウイルスの大きさは、直径60〜140nm>

マスクとストッキングをして実験するフェルナンデス教授

マスクの捕集力がアップした

ボランティアが手作りしてボストン地区の病院に寄付した布マスクのうちフィルターの有無などデザインが異なるハンドメイドの布マスクが10点と、市販のサージカルマスク3点が実験対象となり、3M製の1826モデルマスクがサージカルマスクを比べるベースラインとして使われました。

ハンドメイドの布マスクは、ベースラインの3Mマスクと比較しての粒子除去率は38%から96%と幅がありました。

medRxivより引用翻訳

NPRは、ストッキングを加えたところ布マスクの捕集力は15%から50%もアップしたと報告しています。

そしてストッキング、はサージカルマスクでも効果がありました。平均で75%粒子をブロックすると言われるサージカルマスクですが、それが90%にアップしたそうです。

フェルナンデス助教授いわく。

(ストッキングを)1枚重ねてマスクが顔にぴったりくっつくようになることで、マスクの機能がアップします。

マスクの防御力は、捕集のためにどんな素材を使うかだけではなく、マスクがどれだけ顔にぴったり着けられるかも重要なので、(ストッキングを使って)マスクの隙間から口や鼻へ空気が入らないようにするんです。

NPRより引用翻訳

ということで、ナイロンが特別なのではなく、ストッキングでマスクを上からぴったり押さえることでマスクと顔の隙間が狭くなるためにウイルスなどの侵入が抑えられるようです。

NPRが香港やオーストラリアの研究者らの意見を求めたところ肯定意見が集まりました。

さっそく実践してみました

この記事を読んだ日、散歩に行く時にさっそく試してみました。

使ったストッキングは日本製のベージュ、サイズはL〜LLです。太ももの最上部を20センチほど輪切りにしたものを頭からかぶります。

ちなみにマスクは不織布マスクでした。ストッキングを伸ばしてマスクの上に覆うように重ねます。鼻と顎の部分、そしてマスクの左右はしっかりカバーされました。

後頭部のストッキングは髪の下側に入れると見た目にはほとんど違和感がありません(髪の短い人は、後頭部のストッキングが見えてしまいますが)。

最初は少しきつくてマスクが正面から圧迫されているような感じがありましたが、だんだん慣れてきました。

何といってもマスクが顔にぴったり張り付くような感覚があります。人によっては長時間していると苦しく感じるかもしれません。

状況に応じてストッキングを使ったりはずしたりという使い分けは可能だと思います。

2日目、また散歩に同じストッキングカバーをしてみました。

すでに少し伸びているので1日目よりもきつい感覚はなくなってはいるものの、マスクを顔にくっつけ隙間を小さくする効果はほぼ変わらず。

フェルナンデス助教授はプラスサイズのストッキングを使うことをすすめていますので、ストッキングはできるだけ大きいサイズを利用するのがいいでしょう。

でも、マスクと顔の隙間を小さくするためのフィット感が大事なので、緩すぎないこともポイントです。

マスクの捕集効果が上がったとしても、カバーとして使うストッキングや布マスクをしっかり洗うこと、そして社会的距離を保ち続けることの重要性は変わらないので、それは引き続き実行しましょう。

ストッキングが役に立つ!

このニュースを読んだ時、布マスクを製作中でした。自宅にある材料だけで作っていたので耳にかけるゴムがなくてネット検索、そしてストッキングを細くヒモ状にして使うというアイデアにたどりつきました。実際、ストッキングを耳ゴムとして使ってみたところ、伸縮性もあり耳にも優しくて感動していたところでした。

そして、今回の研究結果。ストッキングによってマスクが100%万能になるわけではありませんが、ストッキングは買えますし、1足あれば複数のマスクカバーが作れます(切るだけです)。

また、フェルナンデス助教授はタイツでも同じ効果があると考えており、タイツを使った実験も行なう予定だそうです。

靴下メーカーさん、ストッキングやタイツを応用したマスクカバーを開発、発売してくれませんか。わたし買います!

NPRによると、ノースウェスタン大学の実験で特に良い結果が出た布マスクは、キルト用の織り目の細かい綿布でできており中に中綿や接着芯が入っていたものだったそう。

布マスクを作る時の参考にしてください。

あわせて読みたい

布マスクで外出する時に注意すべきこと、マスクの最適な取り扱い方法

7通り試してわかった、マスクをつけても眼鏡が曇らない方法

新型コロナウイルス感染症に備えて自宅に備蓄しておくべきもの6つ


Source: medRxiv,NPR

Image used with permission by Dr. Loretta Fernandez

ぬえよしこ

swiper-button-prev
swiper-button-next