連載
特集
カテゴリー
タグ
メディア

特集−Stay Home, Stay Positive.

【厳選】家キャンプで大活躍! 便利なアウトドアグッズ18選

  • カテゴリー:
  • TOOL
【厳選】家キャンプで大活躍! 便利なアウトドアグッズ18選
Image: Mostovyi Sergii Igovrevich/Shutterstock.com

外に出たい欲がどんどん高まってきた、春らしい季節の今日この頃…。

そんな時、ひらめいちゃいました。「外に出なくても、家でキャンプすればいいのでは?」

大自然に囲まれたキャンプ場でのんびりはできないけど、アウトドアグッズを集めて家の中でキャンプ気分を味わうことはできる!

そこで、今回は家でも使えるおすすめのアウトドアグッズをまとめました。

キャンプ道具は、機能的でデザインもシンプルなものが多く、実は家の中でもその実力を発揮できるものがほとんど。

日常の部屋を彩るインテリアから、普段とは違うごはんを楽しめる調理器具までお届けします。

インテリア編

テーブル

▼キャプテンスタッグ アルミロールテーブル

コンパクトかつ軽いので、必要な時に取り出して軽食と飲み物をのせるだけで、部屋の印象を変えることができます。

組み立ても簡単なので、初心者でも手を出しやすい安心設計。

▼キャプテンスタッグ テーブルクラシックス

ちゃぶ台のように使えるローテーブル。木の温かみを感じられるデザインはもちろん、設営がラク&室内に置いてもおしゃれ!

ウッド素材のものがあるだけで一気にアウトドア感を出せるので、初めてグッズを買い揃えようという人にもおすすめ。

▼ユニフレーム 焚火テーブル

ステンレス鉄板が使用されたシンプルなデザインで、加熱したダッチオーブンやスキレットも直に置くことができます。

耐荷重50kgというパワーも嬉しい。高さは約37cmとやや低めなものの、ローチェアとの相性は抜群。

チェア

▼キャプテンスタッグ パレットラウンジチェア

なんと言っても1000円代(執筆時現在)で購入できるので、これからアウトドアグッズを揃える人は必見アイテム。

奥行き・幅ともに広めなので、男性もゆったりと座ることができそう。

▼コールマン サイドデッキチェアST

マグカップやお皿を乗せられるサイドテーブル付きのミニチェア。

それなりの重量と畳んだ時の幅はありますが、その分しっかりとしていて座り心地も良く、安定性も高いチェアです。

▼スノーピーク TaKe! チェア

竹の素材があしらわれた脚と白色の座布が柔らかい印象を与え、室内にも自然になじむデザインです。

重量も軽いので、掃除するときにはサッと畳めてしまえるのも嬉しいポイント。

>>その他のアウトドアテーブル・チェアセット

ランタン

▼Vantozon LEDランタン

小さくて軽量なのに、明るさは申し分なく、部屋を全体的に照らすことができます。

USB端子からの充電のほか、単三電池3本で動作する点も非常に魅力的。

▼ベアボーンズ ミニエジソンランタン

LEDランタンではあるものの、白色ではなく、やや赤みのある柔らかな光なのも◎。

フックがあるので吊るすこともできて場所を取らず、インテリアとしても持っておいて損はない一品。

▼バルミューダ LEDランタン

おしゃれ家電メーカー「バルミューダ」の実力派。明るさは無段階のつまみで調整可能で、低輝度ではオレンジ色の光がロウソクのように揺らぐように演出できるので、グッと雰囲気が出せますよ。

テントインナーマット

▼コールマン テントインナーシート

テント内はもちろん、フロアマット代わりに使えば室内もカラフルにコーディネートしてくれる!

程よい厚みなのでかさばらず、丁度いいお昼寝スポットになるかも。

>>アウトドア用品売れ筋ランキングはこちら

調理器具編

スキレット

▼キャプテンスタッグ スキレット

低価格帯で購入できるキャプテンスタッグの定番スキレットは、他製品に比べて素材に厚みがあり、重量感があるのが特徴。

蓄熱量が大きいので、肉や魚をのせた時も表面温度が下がりにくく、安定した焼き方ができます。

▼コールマン クラシックアイアンスキレット

コールマンのスキレットはふた付き&底が深いので、蒸し料理や煮込み料理もできる優れもの!

自宅でもフライパン代わりに、おいしいステーキやパエリア、ホットケーキなどを作れば気分が上がりそう。

ダッチオーブン

▼ソト ステンレスダッチオーブン

保温調理可能なケース付きのダッチオーブン。家庭で使えばガス代も節約できます。

ステンレス製なので、洗剤でゴシゴシ洗えて調理後のお手入れがラクな点もおすすめな理由の1つです。

バーナー

▼ソト フィールドチャッカー

炭や薪に着火するためのバーナーですが、炙り料理をしたい時にも使えます。

肉や魚のほか、チーズののったピザやスイーツのキャラメリゼなど、炙り料理はいつもの食卓を一新してくれますよ。

ポータブルコーヒーメーカー

▼BUNDOK コーヒーメーカー

ペーパーフィルター不要で、ミルは粗挽き・細挽きと好みに合わせて調節も可能。

タンブラー型で飲み口にふたがついているのも嬉しい!

▼カフラーノ コーヒーメーカー

スタイリッシュな外見が目を引くデザイン。コーヒーの抽出を無駄なく行なうことができる、スマートな設計になっています。

>>アウトドア用品売れ筋ランキングはこちら

ちょっと冒険編

テント

▼ENDLESS BASE ポップアップテント

テントを張れば、そこはもうキャンプ場…。非日常感を味わいたいなら、マストグッズとも言えるでしょう。

場所を取るのは必至ですが、プライベートな空間ができて仕事も捗るかも?

ハンモック

▼ゆらふわモック マルチタイプ

おうちを一気にキャンプ空間にしてくれるハンモック。

ゆらふわモックのすごいところは、ハンモック・チェアとしてのみならず、ハンガーラックとしても使える1台3役を兼ねる点!

これなら多少スペースをとったとしても家に置くのはかなりアリなのでは…。

>>アウトドア用品売れ筋ランキングはこちら

***

アイデア次第で家の中はいかようにもアレンジできます。

せっかくのおうち時間、工夫を惜しまず思い切り楽しむなら、「家キャンプ」はおすすめですよ!

あわせて読みたい

この春、選ぶべきザ・ノース・フェイスのシェルパーカー。1万、3万、5万円台の注目作

コーヒーを2分で抽出できる、保温ボトル一体型コーヒーメーカー【今日のライフハックツール】

「持ち家」「賃貸」に続く選択肢。移動できる家「タイニーハウス」は主流になる?


Image: Mostovyi Sergii Igovrevich/Shutterstock.com

ライフハッカー[日本版]編集部

swiper-button-prev
swiper-button-next