連載
特集
カテゴリー
タグ
メディア

特集−Stay Home, Stay Positive.

今こそやりたい肩のストレッチ3種|猫背になりがちな在宅勤務中におすすめ

今こそやりたい肩のストレッチ3種|猫背になりがちな在宅勤務中におすすめ
Image: Shutterstock.com

近頃、在宅勤務中の皆さんはデスクに覆いかぶさるような姿勢になっていませんか? 私はそうなっています。

ですから、まずは深呼吸して次のような肩のストレッチをしてみましょう。

  • 肩を前後に回す。
  • 片腕を身体の前を横切るように伸ばして、肩のクロスボディ・ストレッチをする。反対の腕でも同様のストレッチをする。
  • 右ひじを空に向けるようにして右手を背中に降ろし、背中の下の方から左手でその右手を握る。背中で右手と左手が握手する感じ。左右の手を変えて同じストレッチを繰り返す。

これだけで、既にマシになっていませんか? では、もう少しストレッチを続けましょう。

肩甲骨をほぐす「牛の顔のポーズ」

「牛の顔のポーズ」とは、背中側で片方の手を上から降ろし、もう片方の手を下からもっていって背中で両手を握手させるヨガのポーズのことです(同じことを脚でもやりますが、今日は肩のストレッチに集中したいので、脚のことは忘れてください)。

このポーズは、背中で両手をつなぐことができないと、なかなか大変です。

そんなときは裏技があります。両手の間の距離をタオルやヨガ用ストラップで補い、じわじわと両手を近づけていきましょう

私の場合は、上に来る手でストラップかタオルを握り、もう片方の手で背中の下側からストラップの反対側の端っこをつかむようにしています。

もう少し丁寧にこのストレッチをしたいときは、こちらのビデオでヨガのインストラクターのやり方をご覧ください。

肩を開くストレッチ

前述のクロスボディ・ストレッチは、肩を身体の内側に引っ張るストレッチでした。次は、身体の外側に引っ張るストレッチです。

朝目を覚ましてあくびをするときのように両腕を大きく上に開いて伸ばしましょう。このストレッチは、ほうきの柄を使うと効果的です。

ビデオを見ればわかる通り、肩を身体の外側に開くときのレバーになるように棒を使います。

このストレッチは肩の上で棒を握る練習になるので、重量挙げの選手がするストレッチですが、誰がやっても肩の調子が良くなりますから、ぜひ試してみてくださいね。

あわせて読みたい

肩こり・腰痛とはもうおさらば。1日4分で健康体が手に入る「超ラジオ体操」

猫背を治して姿勢を良くする方法9選|正しい立ち方から呼吸法まで紹介

腰痛と姿勢の悪さは関係ない:研究結果


Image: Shutterstock.com

Source: YouTube(1, 2, 3), Yoga Journal

Beth Skwarecki – Lifehacker US[原文

訳:春野ユリ

swiper-button-prev
swiper-button-next