連載
特集
カテゴリー
タグ
メディア

特集−Stay Home, Stay Positive.

超簡単! コンセントにさすだけで、自宅のWi-Fiを快適&お得にする新生活ガジェット

  • カテゴリー:
  • TOOL

Sponsored By ソフトバンク株式会社

超簡単! コンセントにさすだけで、自宅のWi-Fiを快適&お得にする新生活ガジェット
Photo: 木原基行

生活のコストはいつでも見直してよいものですが、どうも腰が重くて放置されがち。

そんな重い腰をパーン!と後ろから叩いてくれるのが、新生活シーズン。さまざまなお得なサービスが出てきて、見直しにはもってこいの時期です。

今回見直してみるのは自宅のWi-Fi環境。最近では、動画配信サービスのコンテンツが充実しているので、安心した視聴環境で楽しむためにも自宅のWi-Fiは、これまで以上に重要度を増してきました。

かくいう筆者、最近引っ越しをしたのですが、「家でネットはそんなに使わないだろう」とネット回線を契約せずにスマホで日々あれこれ見ていたら、月25GBのLTE容量をわずか数日で使い切ってしまい、青ざめたことがあります。

そこで、コストの見直しや引っ越す予定の人には特におすすめ、Wi-Fi環境を超簡単に整備できるSoftBank Air(ソフトバンクエアー、以下同)を紹介します。

面倒な工事不要。コンセントにさすだけで快適なWi-Fi環境が手に入る?

SoftBankAir_01
本体の裏側には、LANポートがあり、有線接続も可能です。
Photo: 木原基行

自宅にネット回線を引くためには、手続きや回線工事など、意外に時間がかかりがちです。特に新生活シーズンは、申し込んだとしても開通工事が順番待ちになったり、平日に仕事を休むなど日程調整が必要になるなど、すぐにネットを使えない状況に陥ることも。

そんな自宅のネット回線に困っている皆さんに、颯爽と現れたのがソフトバンクエアー。大手通信キャリアのソフトバンクが提供する「工事不要、コンセントにさすだけで使える」Wi-Fiサービスです。

公式サイトから申し込めば、手続きはわずか3分程度で完了。後日、郵送で届いた本体をコンセントにつなぎ、添付のIDやパスワードを設定。スマホの場合は、QRコードをカメラで読み取り2タップで接続完了。たったこれだけで、高速のネット回線、Wi-Fi環境が使えるようになります。試しに筆者も設置してみましたが、あまりの簡単さに驚きました。

引っ越しやネット環境の見直しを考えている人には、この簡便さはうれしい限りです。

同時接続は64台まで! 快適なスマートルームづくりができる?

SoftBankAir_03
Photo: 木原基行

気になる、ソフトバンクエアーの通信速度は、エリアによっても異なりますが、下り最大962Mbps(※1)。4K動画の配信でも難なく視聴できる速度帯です。

※1. 表記の通信速度はシステム上の最大通信速度であり、一部エリアで提供中です(Airターミナル 4のみ対応)。利用するエリアによって、最大通信速度が異なります。詳細はこちらをご確認ください。

また、一部のポケットWi-Fiルーターで見られるような、月のデータ容量は無制限だけれど「3日間で10GB使うと速度制限」といった、利用したデータ容量による通信制限もありません(※2)。自宅のWi-Fi環境に、簡単・速い・使い放題の三拍子で貢献してくれます。

※2. ベストエフォート形式のため、設置場所の通信環境により実際の通信速度は変化します。利用の集中する時間帯(夜間など)は、サービス安定提供にともなう速度制限のため、通信速度が低下する場合があります。動画やファイル交換ソフトなどをご利用の場合は速度が低下する場合があります。

本体サイズは、高さが500mlペットボトルをわずかに大きくした約225mmで、幅と奥行はともに約103mmとコンパクト。本体は真っ白ですっきり、通信状況を表すLEDライトも小さく控えめなので、インテリアに馴染んで、部屋のどこにでも置くことができます

SoftBankAir_02
Photo: 木原基行

また、地味にすごいなーと思ったのが、最大で64台に同時接続できること。

PC、スマホ、タブレットはもちろん、テレビやゲーム機、プリンター、カメラをはじめ、Wi-Fiに接続して利用するスマートスピーカーやスマート家電が続々登場していることを考えると、最大接続数は多いに越したことはありません。

エアコン、冷蔵庫、ロボット掃除機、調理家電などのIoT化は今後ますます進化するので、スマートライフにも役立つうれしいスペックではないでしょうか。もちろん、通信は5GHz帯と2.4GHz帯に対応しています。

折しも在宅ワークの推進で、「自宅に職場と同じような環境を急いで用意しないといけなくなった」という人も少なくないはず。開通日数と速度、さらに接続機器の急増を考えると、ソフトバンクエアーは、自宅のWi-Fiを見直す際の最有力候補と言えそうです。

コスパの見直しに最適。しかも、お得な割引特典も

SoftBankAir_04-2
ソフトバンクエアーの契約期間は2年間(ソフトバンクエアーの課金開始日の属する月を1カ月目として、24カ月目の末日まで)です。解約の申し出がない場合は、更に2年間を契約期間として更新します。契約期間満了の月以外で解約した場合、9500円の解除料が必要です。
Image: ソフトバンク

ただ、これだけ言っておいて、月額料金が高ければ元も子もないですよね。しかし、その点でもソフトバンクエアーはかなりシンプルにがんばっています。

月額の基本料金は、最初の12カ月間は割引が適用されてソフトバンクエアーのみの利用で3800円(税抜、以下同)、スマホとセットで利用する場合は4300円。もちろんオプション料金などは一切なし。別途、契約事務手数料3000円は必要ですが、ランニングコストはこれだけ。契約は2年間です。

また、すでにソフトバンクのスマホを契約している方にはお得な割引もあります。指定プランの契約であれば「おうち割 光セット」特典が適用され、スマホの通信料金が毎月1台あたり1000円割引されます(※3)。

※3. データプランメリハリ、データプランミニフィット、データプラン50GB+、データプランミニ、データ定額 50GBプラス/ミニモンスター、データ定額 50/20/5GBの場合

ちなみに「おうち割 光セット」は同居していない家族や、シェアハウスの友人同士の場合でも適用とのこと。シェアハウスを利用している人は大チャンスかもしれません。

本体の「Airターミナル」購入代金は、割賦購入代金の1650円が毎月発生しますが、契約と同時に「月月割」が適用されて基本料金から同額が毎月割引になります。

ただし、Airターミナルの割賦支払回数は36回なので、初回の2年間更新時点では、まだ支払い途中になります。解約した場合、月月割の適用が外れ、本体の割賦料金(賦払金)は残ってしまうので注意しましょう。

ということで、「手間と時間をかけずに、快適でつなぎ放題なWi-Fi環境を整えられ、これまでの月額コストも見直しできるソフトバンクエアー。これなら動画配信サービスの次から次に紹介されるレコメンドも気にせず掘れちゃいます。

さらに今なら、他社のインターネット回線と契約中でも「SoftBank あんしん乗り換えキャンペーン 」で、他社回線・プロバイダ解約料を全額キャッシュバック(※4)。

※4. キャッシュバック金額は最大10万円。ソフトバンク社が提携するケーブルライン取り扱いCATV事業者のインターネット回線は対象外。他社モバイルブロードバンド端末代金の残債に対するキャッシュバック金額は4万2000円が上限。

目の前の新生活、自宅のWi-Fi環境を見直すチャンスが到来です!

読者アンケート

アンケートが表示されない方はこちら


Photo: 木原基行

Image: ソフトバンク

Source: ソフトバンクエアー

長谷川賢人

swiper-button-prev
swiper-button-next