連載
特集
カテゴリー
タグ
メディア

今日のライフハックツール

左胸のエンブレムを押すと、15秒後に温まる。炭素繊維ヒーターパネル内蔵ジャケット【今日のライフハックツール】

  • カテゴリー:
  • TOOL
左胸のエンブレムを押すと、15秒後に温まる。炭素繊維ヒーターパネル内蔵ジャケット【今日のライフハックツール】
Image: HOMI / Indiegogo

ゴツくなくても問題ない。薄くて軽いのに暖かい電熱ジャケットさえあれば。

一般的な冬用ジャケットは、自分の体温を熱源にしていて、その熱を貯蔵するのに空気を利用しています。したがって、相当のボリュームを持った空気保持層が必要となり、どうしてもかさばってしまうんですね。

HOMI』は、熱源に電気を利用する電熱ジャケットですが、熱伝導率の高い炭素繊維(カーボンファイバー)を使用し、雨だけでなく風も通しにくい外装と組み合わせることで、約840グラムと、極めて軽く作られている防水保温ジャケットです。

しかも、バッテリーさえ外してしまえば、洗濯機で洗えるというところも、見逃せないポイントになっています。

Video: Hype / YouTube

左胸の上にあるエンブレムがスイッチとなっていて、長押しすれば15秒後には42度に、もう一度スイッチを押せば、46度まで温度を上げてくれます。

もちろん手動でオフにすることもできますが、安全のために1時間後には自動で電源オフになります

また、少し汗ばむと感じたら、脇の下にあるベンチレーションジッパーを開けることで、温度調整も可能。

胸、背中、ポケットの3箇所にヒーターパネルが配置されているので、手が冷たいときにはポケットで温めることもできます。

ちなみに、パネルに使われている炭素繊維は、品質にこだわって日本製を使っているとのことですよ。

20200203_homijacket_01
Image: HOMI / Indiegogo

バッグを肩にかけやすいように、滑り止め加工されたショルダー部や、スマホ用ポケット、タブレットも収納できる内ポケット(PROモデルのみ)、クレジットカードなどを隠し持てる袖ポケットなど、機能性の高さもあわせ持っています。

裏技的ですが、内蔵バッテリーをスマホ用の予備電源として活用することもできますよ

そのバッテリーの容量については明らかにされていませんが、通常利用なら8時間稼働するということです。

さらに、単独で購入はできませんが、オプションとして電熱スカーフも用意されています。

むしろ、これ単体で売って欲しいという声もありそうですね。気になる人は一緒にオーダーを考えておきましょう。

LITEモデルが1着3万542円(2着で5万9004円)、PROモデルが1着3万6015円(2着で6万9951円)となっていて、オプションのスカーフは9852円です。

あわせて読みたい

コクヨのバッグインバッグは、バッグを“ビジネスモード”にする【今日のライフハックツール】

ソックスのように軽く履けて、防水防汚で通気性も兼ね備えたナノテクシューズ【今日のライフハックツール】

5つのアイテムが1つに。斧やノコギリも搭載されたマルチツール【今日のライフハックツール】

Image: HOMI / Indiegogo

Source: HOMI / Indiegogo, Hype / YouTube

田中宏和

swiper-button-prev
swiper-button-next