連載
特集
カテゴリー
タグ
メディア

AppleがiPad Airの無料修理を開始、見つかった欠陥や対象機種は?

  • カテゴリー:
  • TOOL
AppleがiPad Airの無料修理を開始、見つかった欠陥や対象機種は?
Image: Anton Garin/Shutterstock.com

残念ながら、第3世代のiPad Airには、ディスプレイに何も映らなくなり、元に戻らなくなる欠陥があるものがあります。修理に出さなければ、その状態を元に戻すことはできません。

Appleはその欠陥について認め購入して2年以内であれば、その問題が発生した人には無料で修理をすると発表しました。この欠陥は、主に2019年3月〜10月の間に製造されたモデルに発生していますが、製造日と購入日は違うので、今でもその期間につくられた製品が市場に出回っている可能性があります。

もしiPad Airのディスプレイに何も表示されなければ?

自分のiPad Airのディスプレイに何も映らなくなっていたら、Appleのサポートに連絡するか、最寄りのApple Storeに行くか、(Appleの製品を売っている)家電量販店や、Apple公認の修理ショップに持って行けば、動かなくなったディスプレイを無料で修理してくれます。

ただし、何も映らない iPad Airをただ持って行くだけでは、Appleに修理代を請求されるかもしれません。まずは、以下の説明を読んでください。

ディスプレイが割れている、というような修理を完了するのが難しいような損傷がiPad Airにある場合は、サービス以前に解決しなければならない問題があります。その場合は、別に修理代がかかる可能性があります。

また、Appleの修理に出しても、iPad Airの保証期間が延長されるわけではありません。iPadがある日、突然ただの文鎮になってしまった場合の1回限りの修正です。

iPadの画面が映らないと、iCloudにバックアップが取れているか確認できないので、パソコンに直接接続しなければならない可能性が高いですが、Appleに修理に出す前にバックアップを取るのもお忘れなく。

あわせて読みたい

Google マップを超えた? 最新版「Appleマップ」はここまで進化した

なくしたAirPodsをiPhoneで見つける3つの方法

iPhoneからLightningがなくなるって本当?


Image: Anton Garin/Shutterstock.com

Source: MacRumors, Apple

Brendan Hesse - Lifehacker US[原文

訳:的野裕子

swiper-button-prev
swiper-button-next