連載
特集
カテゴリー
タグ
メディア

なくしたAirPodsをiPhoneで見つける3つの方法

  • カテゴリー:
  • TOOL
なくしたAirPodsをiPhoneで見つける3つの方法
Image: MakeUseOf

小型で軽量のAirPodsとAirPods Proは、音楽を長時間聴くのに最適なワイヤレスイヤホンです。

ですが、気をつけていないと、すぐになくしたり置き場所を間違えたりしてしまいます。もし片方をなくしてしまい、交換品を買うとなると、かなりの出費を強いられることになります。

幸いなことに、血眼になって家の中を引っかき回さなくても、なくしたAirPodsをiPhoneで追跡することができます。

この記事では、「探す」アプリを使って、なくしてしまったAirPodsを見つける方法をお教えします。

「探す」アプリにAirPodsを追加する

「探す」アプリを使う一番の利点は、セットアップの必要がないということです。AirPodsをAppleのデバイスとApple IDにつないでいれば、AirPodsは「探す」アプリに自動的に表示されます。

「探す」アプリには、iPhone、iPad、Macから、あるいはウェブでもiCloud.comからアクセス可能。別のデバイスで「探す」アプリにログインする際には、AirPodsにつないでいるデバイスと同じApple ID、パスワードを使用する必要があります。

1. 「探す」アプリを使ってAirPodsを追跡する方法

AirPodsを追跡するには、「探す」アプリを開き、「デバイスを探す」タブを選びます。同じIDを使っているAppleデバイスがすべて表示されるので、スクロールダウンして、AirPodsを選びます。

すると「位置情報が見つかりません」か、「わかっている最後の位置情報と日時」のどちらかが表示されます。必要であれば、わかっている最後の位置情報への道順を「探す」アプリに「マップ」で教えてもらうこともできます。

find-my-app-airpods

ただし、なくしたのが片方だけ(つまり「AirPods」ではなく「AirPod」)の場合は、もうひとつ手順を踏む必要があります。「探す」アプリは一度にひとつのAirPodの位置情報しか表示できません。

なので、まず手元にあるほうのAirPodをケースに入れ、フタを閉めます。次に「探す」アプリを一度閉じて再起動し、なくしたほうのAirPodの位置情報を確認します。

ちなみに、お使いのiPhone、iPadが、学校などから割り当てられた管理対象Apple IDを使用している場合は、「探す」アプリを利用できません。

音を鳴らしてAirPodsを見つける方法

AirPodsの片方または両方がAppleデバイスの近くにあり、Bluetoothで接続できる場合は、AirPodsを見つけるいい方法があります。

iPhoneやiPad、Macと同じように、AirPodsが見当たらない場合も、鳥がさえずるような、大きくて甲高い音を鳴らして、見つけやすくすることができます。その音は2分間、または見つけ終わるまで鳴り続け、次第に大きくなっていきます。

iPhoneで「探す」アプリを開き、「デバイスを探す」タブを選びます。スクロールダウンして「AirPods」をタップします。次のページで、わかっている最後の位置情報が画面の上のほうに表示されます。

位置情報のすぐ下に、3つのオプション(「左」「停止」「右」)が表示されます。「左」または「右」を押すと、それぞれに対応するAirPodで音を鳴らすことができます。2分経つ前に「停止」を押せば、音は止まります。

find-my-airpods-noise

AirPodsもAirPods Proも、そのレンジはiPhoneなどのAppleデバイスから約100フィート(約30m)です。なので、音を鳴らすことができれば、その範囲内で見つかるはずです。

AirPodsがオフラインでも、希望を捨てないでください。さきほどと同じ画面で「サウンドを再生」を選びます。AirPodsが再接続され、オンラインになった場合は、通知が自動的に届きます。そこからAirPodsの位置情報を確認し、必要であれば音を鳴らすこともできます。

find-my-airpods-no-location

AirPodsの「ケース」を見つける方法

AirPodsの充電ケースをなくしてしまった方に、残念なお知らせをお伝えしなければなりません。AirPodsの「イヤホン」にはBluetooth技術とスピーカー技術が搭載されているので、「探す」アプリでその位置を特定することができます。

一方の「ケース」には、これらの技術は一切搭載されていません。なので、「探す」アプリでケースの位置を特定することはできません。

AirPodsのケースには、トラッキング技術が組み込まれていません。ただし、サードパーティのオプションはあります。イチオシは「Tile Sticker」です。

5セント硬貨(直径:約20mm)ほどの大きさのこのトラッカーは、裏に接着剤がついていて、AirPodsのケースにもしっかりとくっついてはがれません。小さいので、AirPodsやケースの機能性を妨げることはありません。

150フィート(約45m)の範囲内なら、付属のスマホアプリでStickerを見つけられます。内蔵型のバッテリーは交換できませんが、最長で3年間の使用に耐えられます。

見つからないときはどうすれば?

なくしたAirPodsの発見に役立つ「探す」アプリも、完璧ではありません。でも、AirPodsやケースをどうやら本当になくしてしまった場合も、大金を支払って新しいセットを丸ごと買い直す必要はありません。

Appleに連絡すれば、イヤホン片方だけでも、充電ケースだけでも購入できます。こちらの料金表をご確認ください(表示価格は税別/送料別)。交換品はいずれも新品で、整備済製品ではありません。

誰だって交換品にお金なんて払いたくありませんが、新しいセットを買い直すよりは、ずっとお金の節約になります。

なくしたAirPodsが汚れていたら…

ハードウェアとソフトウェアの強力な一体化のおかげで、AirPodsをなくしても追跡は簡単です。もしあなたがAppleユーザーなら、これはAirPodsに注目すべきもうひとつの大きな理由になります。

また、なくしたAirPodsのイヤホン、ケースが汚れてしまっていても、心配ご無用。AirPodsを安全にきれいにするヒントは、こちらから。

あわせて読みたい

AirPodsを最大限に活かすテクニック11

AirPodsとAirPods Proどちらを選ぶ?


Image: MakeUseOf

Source: iCloud.com

Original Article:How to Track and Find AirPods With Your iPhone by MakeUseOf

訳:ガリレオ

swiper-button-prev
swiper-button-next