連載
特集
カテゴリー
タグ
メディア

900円台でHARIOのサーバー&ドリッパーに計量スプーンとフィルターも付いたセット

  • カテゴリー:
  • TOOL
900円台でHARIOのサーバー&ドリッパーに計量スプーンとフィルターも付いたセット
Image: Amazon.co.jp

インスタントコーヒーは便利ですが、やっぱりきちんと粉からドリップしたコーヒーは、味も香りも格別です。

それに世情のため、家にいる時間が増えているこの頃。美味しいコーヒーを飲むくらいは生活の質を高めたいものです。

とはいえ、いろいろと器具を用意するのは面倒くさいし、お金はかけたくない…。

そこで、HARIOの「V60コーヒーサーバー ドリッパーセット(VCSD-02CBR)」はいかがでしょうか。

4点セットで、すぐにコーヒーが楽しめる

Image: Amazon.co.jp

サーバードリッパー計量スプーンペーパーフィルター10枚まで付いている4点セットで、900円台というコスパの良さ(執筆時点)。

これなら、コーヒーの粉さえあれば、届いてすぐにコーヒーがいれられますね。

しかも、耐熱ガラスメーカーとして歴史があり、コーヒーの関連器具のメーカーとしても知られるHARIO製です。

この「V60」も、スペシャルティ・コーヒーを楽しむ為の器具として、多くの支持を得ているのだそう。

美味しくコーヒーが作れる理由

Image: Amazon.co.jp

専用の円すい形ペーパーにより、ネルドリップの極上な味わいが楽しめるのだとか。

また、ドリッパーにスパイラルリブが付いていることで、ペーパーを浮かせて、しっかり蒸らすことができるそうです。

ちなみに、ドリッパーは1~4杯用とのこと。実用容量は700mlなので、1杯150ml入るコーヒーカップなら、1回で4杯ぶんのコーヒーを作ることが可能。

電子レンジで温められる

Image: Amazon.co.jp

さらに、サーバーは電子レンジOK。あらかじめサーバーをレンジで温めておけば、コーヒーを冷めにくくできそう。それに、温め直しも簡単。

ただ、コーヒーは急速に温度を上げると味が落ちてしまうので、なるべく低い温度設定で、少しずつ温めるのがポイントです。

在宅で仕事をする際のお供ブレイクタイムはもちろん、朝食のときや休日のくつろぎタイムなど、「V60コーヒーサーバー ドリッパーセット」を取り入れれば、ちょっと豊かな時間が過ごせそうですよ。

なお、以下の表示価格は執筆現在のもの。変更の可能性もありますので、販売ページをご確認ください。

Image: Amazon.co.jp

Source: Amazon.co.jp

今井麻裕美

swiper-button-prev
swiper-button-next