連載
特集
カテゴリー
タグ
メディア

PC作業しながらも。手軽に室内で運動できるデスクの下に置ける「ペダルこぎ」

  • カテゴリー:
  • TOOL
PC作業しながらも。手軽に室内で運動できるデスクの下に置ける「ペダルこぎ」
Image: Amazon.co.jp

現在、新型コロナウイルスの感染拡大によって、不要不急の外出は控えるように勧告されています。

勤務がリモートワークになったため、家からほとんど出ることがなくなったという人もいるでしょう。

しかしこうなると、運動不足が気になってしまうもの。

そこで、アルインコの「イージーサイクル」をチェックしておきましょう。

手軽に使える、コンパクトなフィットネスバイク

Image: Amazon.co.jp

本格的な室内用フィットネスバイクと違い、大掛かりなマシンじゃないので手軽に始められるのがポイントですね。床に座っても椅子に座っても使用可能です。

ユニークなのは、ペダルの機構。足を置くステップのつま先側は、本体のアーム(クランク)と繋がっているのですが、ステップのかかと側には小径タイヤが付けられていて、前後にスライドするようになっています。

これによって、上から踏み降ろすようにペダルを回す一般的な自転車の動きとは異なり、足を前後方向に動かしながらアームを回すという楕円運動になるのだそう。

関節に負荷がかかりにくく、デスク下でも使いやすい

Image: Amazon.co.jp

アルインコによれば、この楕円運動によってヒザなどの関節にかかる負荷が軽減され、ケガのリスクが減るとのこと。

また、複数のAmazonレビューによると、机の下に置いて仕事をしながら使った場合、上下の動きが少ないためにヒザが机に当たりにくいというメリットもあるようです。

しかも、本体の角度が3段階に切替可能で、ペダルの運動強度は8段階に調整できるそう。体格や筋力に応じて、設定できますね。

運動量を表示メーターで確認できる

Image: Amazon.co.jp

さらに、運動量を表示メーターで可視化できるので、続けるモチベーションが維持できそう。

ただ闇雲に足を動かすのと違って、運動時間や消費カロリーの目安を計測してくれるのは、フィットネスマシンならでは。

脳を活性化させるために有効と言われている補食をとる際、消費カロリーを見ながら食べる量を調整するなんてことも可能ですね。

ところで、連続使用時間が20分以内となっていますが、これは、内部の負荷装置が発熱で劣化するのを避けるためとのこと。かえってメリハリをつけて使用できそう。

コンパクトなので机の下に置いておいて、気分転換に使うのも良さそうですね。

なお、以下の表示価格は執筆現在のものです。変更の可能性もありますので、販売ページをご確認ください。

Image: Amazon.co.jp

Source: Amazon.co.jp, ALINCO

swiper-button-prev
swiper-button-next