連載
特集
カテゴリー
タグ
メディア

睡眠時間が短くても寝不足は解消できる!「濃縮睡眠メソッド」実践法

睡眠時間が短くても寝不足は解消できる!「濃縮睡眠メソッド」実践法
Image: Shutterstock

睡眠改善と姿勢美矯正のサロン『プロスパービューティー』のオーナー・松本美栄さんは、午前2時に就寝、午前5時前後に起床する生活を、4年以上も続けているそうです。

3時間しか睡眠をとらないのに、およそ睡眠不足という言葉とは無縁。日中眠くなることもなく、公私とも活力に満ちた日々を送っています。

そんな松本さんも、かつては「許されるなら10時間でも寝ていたいタイプ」。仕事は多忙で十分な睡眠時間が確保できず、いつも寝足りない気分だったそうです。

体調を崩したのを機に「これはなんとかしなくてはいけない」と一念発起。脳科学などの徹底的な知識の探求と生活面の改善によって、驚異的ともいえる短眠生活へと脱皮を果たします。

睡眠時間3時間!サロンオーナーが編み出した睡眠改善法

松本さんは、自ら編み出した睡眠法を「濃縮睡眠メソッド」とよび、サロンで延べ5千人以上の睡眠の悩みを解決してきました。

そして、2019年9月には著書『誰でも簡単に疲れない体が手に入る 濃縮睡眠メソッド』(かんき出版)を上梓。

本書には、このメソッドの実践法が網羅されています。

睡眠の質を格段に向上させるという、このメソッド。本書からそのいくつかを紹介します。

「濃縮睡眠」の原理

通常、入眠してから深い眠り(ノンレム睡眠)に到達するまで約90分かかるそうです。

「濃縮睡眠メソッド」は、これを無理なく30分以内に短縮させ、その後も深い眠りを持続させます。

これによって、短い睡眠時間でも目覚めがよく、起きている間の頭の働きも良くなり、身体も活力がみなぎりパフォーマンスが向上します。

松本さん自身は、入眠から10分程度で最も深い眠りに到達するそうで、これを示したのが下のグラフです。

sleeptime331
松本さんの入眠時以降の睡眠の深さを示すグラフ
Image: 『誰でも簡単に疲れない体が手に入る 濃縮睡眠メソッド』

対して、松本さんのサロンを訪れたあるクライアントさんが、睡眠改善に取り組む前のグラフがこちら。

sleeptime331_2
クライアントさんが睡眠改善に取り組む前の睡眠の深さを示すグラフ
Image: 『誰でも簡単に疲れない体が手に入る 濃縮睡眠メソッド』

その差は一目瞭然です。

何時間寝ても寝足りないタイプは、このクライアントさんのように浅い眠りばかりが続きます。

「濃縮睡眠メソッド」を実践することで、こうしたグラフの高い山を低くし、深く持続的な睡眠を実現させるわけです。

「濃縮睡眠メソッド」の3つの柱とは?

松本さんによれば、「濃縮睡眠メソッド」の3つの柱は、「脳疲労を取り除くこと」、「血液の循環をよくすること」、「睡眠環境を整えること」だそうです。

この3要素を実現することで、入眠してすぐに深い眠りに到達できるようになると言います。

頭をスッキリさせる頭蓋マッサージ(6〜10回)

200319sleep_3
Image: 『誰でも簡単に疲れない体が手に入る 濃縮睡眠メソッド』

まず、「脳疲労を取り除く」ためのエクササイズの1つが頭蓋マッサージ。

マッサージにより、デスクワーカーに起こりがちな脳の疲労を和らげ、脳髄液の流れをよくして、老廃物を流す効果があると松本さんは言います。

本書では、頭蓋マッサージは3種類掲載されていますが、その1種が側頭部のマッサージです。

やり方は、両耳の上2cmほどのところを、掌底(手のひらの付け根)で6~10回グリグリと回す感じで押すだけ。

仕事の合間の休憩時間にやってみるだけで、頭の疲労感がスッキリと取れていくのが感じられるはずです。

「顔が若返っているのがわかる」というクライアントさんもいるそう 。

肩甲骨まわりを緩めるストレッチ(20回)

肩甲骨マッサージ
Image: 『誰でも簡単に疲れない体が手に入る 濃縮睡眠メソッド』

血液の循環をよくする肩甲骨のストレッチ2つめの柱の「血液の循環をよくする」必要があるのは、血の巡りをよくして筋肉を緩ませると、深く眠れるからです。

また、副交感神経が優位となり、リラックスモードになれるというのもあります。

逆に、こわばった体は血流を悪くし、深い睡眠の妨げとなります。

松本さんが特に指摘するのが、ビジネスパーソンに多い「肩甲骨まわりのコリ」。パソコンに向かって仕事する時間が長いと、猫背気味になって、この部位のコリが出てしまいます。

その対策として、「肩甲骨まわりを緩めるストレッチ」が幾つかあります。

その1つが、座ったままでも行える肩回し。

これは、両手の指先を肩につけ、後ろ側にひじを大きく回すと同時に肩も回すというものです。

目安として20回くらい。こわばっていた筋肉が伸ばされ、血が通って温かくなるのを感じられると思います。

睡眠環境を整える「枕+バスタオル」

枕の下にバスタオルを入れて調整する
Image: 『誰でも簡単に疲れない体が手に入る 濃縮睡眠メソッド』

3つめが「睡眠環境を整える」

睡眠の質は意外なほど、寝室の環境(寝具、清潔さ、温度・湿度など)に左右されるそうで、そうした環境条件別の対策も記されています。

寝具については、高級品だから良いとは限らないとのことで、枕も高機能・高価格のものよりむしろ「自分の体とのマッチング」を重視します。

特に、合っていない枕は、高さが高すぎるというパターンが多く、その解消策としてバスタオルを使うやり方が載っています。これは、丸めたバスタオルを枕の手前にくっつけ、ここに首が乗るようにするというもの。

ポイントは、首・肩と敷き布団との隙間を埋めることです。そうでないと肩が浮き、このあたりの筋肉は緊張し続けていまい、安眠の妨げになります。


上に挙げたメソッドは、「濃縮睡眠メソッド」のほんの一部にすぎません。

深い睡眠に導くための多種多様なメソッドが本書にありますが、どれも手軽に実施できるものばかり。

アロマオイルの活用やお酒との付き合い方など、細かい点にも言及されており、一度に全部でなく、できることからやってみるのがよいと思います。

睡眠の改善に関心のある方は、トライして損はないでしょう。

あわせて読みたい

眠りの質が悪くなる、寝る前に食べない方がいい7つの食べもの

睡眠の質を上げるために寝る前にした方がいいこと【まとめ】


Source: かんき出版

Image: 『誰でも簡単に疲れない体が手に入る 濃縮睡眠メソッド』,Shutterstock

鈴木拓也

swiper-button-prev
swiper-button-next