連載
特集
カテゴリー
タグ
メディア

早く行かないし、遠くにも行かない|しないから幸せ「南の島の幸福論」 Vol.8

author 永崎裕麻
早く行かないし、遠くにも行かない|しないから幸せ「南の島の幸福論」 Vol.8
Photo: 永崎裕麻

南の島の人たちの生き方から「しない」をテーマに切り取るコラム『南の島の幸福論』。サモアに住む酋長ツイアビさんの言葉から生まれるコペルニクス的転回とは?


いよいよ最終回。これまでの各回のサブタイトルをおさらいしておくと、

「見返りを欲しがらない」「未来の時間を占拠しない」「仕事はちょっぴりしかしない」「考えない」「シェアをやめない」「防御力を高めない」「誘惑されない」。

ツイアビさんの話はいつも「そもそも論」を私たちに突きつけてくれます。さて、今回はどんなものなのか。

ツイアビさんは、こう言います。

ヨーロッパで、本当に暇のある人はほとんどいない。

誰もが、投げられた石のように人生を走る。

目を伏せたまま、大きく手を振り、できるだけ早く先頭に立とうとする。

もし他の人が止めでもしようなら、彼らは立腹して怒鳴る。

「どうして邪魔をするのだ。俺には時間がない。お前は自分の世話を焼くがいい、自分の時間を無駄にしないようにな」

早く行けば行くほど人は立派であり、ゆっくり行く人は値打ちが低いと、まるで彼らはそう考えているようだ

「パパラギ」より引用

アフリカに、こんなことわざがあります。

早く行きたければ、ひとりで行きなさい。

遠くに行きたければ、みんなで行きなさい。

聞いたことがある人も多いかと思います。

「そもそも、どこかに行かないといけないのか?」

早く行かなくてもいいし、遠くに行かなくてもいい。ノロノロと近所をウロウロしていてもいい。

その場合、どこに価値が存在するのか。

スピードでもなく、距離でもない。プロセスです。

スティーブ・ジョブズが社員によく言っていた言葉に「The journey is the reward(旅そのものが報酬である)」という言葉があります。

未来のゴール(結果)ではなく、現在のプロセスに価値をおく考え方です。目的地までの道中、「今ここ」を楽しもうというメッセージであり、南の島の感覚と近いものがあります。

私たちは「未来の不安」を消すために「今」を犠牲にしながら、早く行こうと、遠くへ行こうと頑張ります。

「今」よりも「未来」が優先されている状態です。

ただ、「今 < 未来」という優先順位で考えていると、いつまでたっても「今」が大切にされる瞬間は訪れません。

逆に「今 > 未来」なら「今」も「未来」も大切にすることになります。なぜなら「未来」はいつか「今」になるからです。未来とは、今の積み重ねでしかありません。

未来に対する不安からなかなか脱することができない人は、「早く行く」でもなく、「遠くに行く」でもなく、「身近な場所をゆっくりと巡る」ことから始めてみるといいかもしれません。

特急列車で早く目的地に到着することを目指すよりも、鈍行で車窓からの景色を楽しむ感覚が重要です。

「遅い」に価値がある時代。必要なのは徐行スキルです。

南国チックなスローライフを送ることで、見える景色の解像度が上がって、人生に彩りが増していきます。

早速、時計を外して、近所をなるべく遅く一周してみてください。世界一周なんてしなくても、「近所一周」で人生が変わることだってあります。

これを最後のメッセージとして、「南の島の幸福論」を終えたいと思います。最後までお読みいただき、本当にありがとうございました。

いつかどこかでお会いできるのを楽しみにしています。

>>南の島の幸福論をもっと読む

あわせて読みたい

もしも貯金をしない、ちょっとしか働かない|しないから幸せ「南の島の幸福論」vol.3

未来の時間を占拠しない|しないから幸せ「南の島の幸福論」vol.2

Photo: 永崎裕麻

永崎裕麻(ながさき・ゆうま)Facebook

永崎 裕麻

「旅・教育・自由・幸せ」を人生のキーワードとして生きる旅幸家。2年2カ月間の世界一周後、世界幸福度ランキング1位(2016/2017)のフィジー共和国へ2007年から移住し、現在13年目。ライフスタイルをアップデートする英語学校カラーズ校長。100カ国を旅し、14カ国で留学した経験を活かし、内閣府国際交流事業「世界青年の船」「東南アジア青年の船」に日本ナショナル・リーダー/教育ファシリテーターとして参画。ライター、教育企画の立案、「幸せに気づくコーチング」、「40歳定年」などの活動もしており、フィジーと日本を行き来するデュアル・ライフを実践。2019年からは「幸福先進国」であるデンマークも加えたトリプル・ライフに挑戦中。大阪府生まれ。神戸大学経営学部卒業。二児の父。

82414350_741688559570303_1403141763786342400_n

著書に「世界でいちばん幸せな国フィジーの世界でいちばん非常識な幸福論」(いろは出版)。

swiper-button-prev
swiper-button-next