連載
特集
カテゴリー
タグ
メディア

無理なく食習慣は改善できる。食とSNSの意外な関係性|研究結果

無理なく食習慣は改善できる。食とSNSの意外な関係性|研究結果
Image: Victor Kochetkov/Shutterstock.com

Facebookの投稿でたまたま見かけたカレーを、気づいたら昼食で注文していた…といった経験はないでしょうか。

アストン大学が発表した研究結果は、きっと誰もがうすうす気づいている「食習慣はSNSで伝染する」という仮説を証明したものです。

研究では、食べ物を選ぶとき無意識のうちに他人の振る舞いを参照してしまうことがあぶりだされています。

ジャンクな食の好みがいつのまにかコピーされているリスクもありますが、うまく利用すれば自然に健康的な食習慣に変えられる可能性もあります。

周りのジャンクな食習慣がコピーされる?

研究では、369人の大学生に周りのFacebookユーザーの食習慣をたずね、参加者の食習慣と照らし合わせました。

結果、周りがスナックや甘い飲み物を摂取していると認識する人は、同じようにジャンクな食品を頻繁に摂取する傾向があったようです。

一方、周りが野菜や果物を習慣的に食べていると認識する人は、野菜や果物をよく摂取していました。

なお、この研究結果からは参加者の食習慣とBMIとの間に有意な相関は見られず、今後は長期的にSNSが健康に与える影響を調べるようです。

SNSを活用して食習慣を改善しよう

良くも悪くもSNSで周りの食習慣がコピーされることがわかりましたが、アストン大学の記事ではやり方次第でSNSが食習慣の改善ツールにもなると言及しています。

頭では健康的な食習慣を身につけたいと思っても、ジャンクな食品の誘惑に負け続ける日々を自覚しているなら、一度よく利用するSNSのフィードを見直してみましょう。

もし飯テロ常習犯が見つかったとしても、必ずしも投稿を非表示にする必要はありません。信頼できて食生活が健全なユーザーの割合を高めることで、そっと自己洗脳できそうです。

あるいは、無理強いすることなく子どもの野菜嫌いを改善したいのなら、YouTubeのレコメンデーションシステムはこれ以上ない啓蒙ツールでしょう。

あわせて読みたい

栄養士が推奨!ダイエット中こそ食べたいヘルシー朝食レシピ9選

筋トレしている方へ|1日に必要なタンパク質、把握できていますか?

やりすぎ健康志向からの摂食障害「オルトレキシア」に気をつけて


Image: Victor Kochetkov/Shutterstock.com

Source: Aston University

山田洋路

swiper-button-prev
swiper-button-next