連載
特集
カテゴリー
タグ
メディア

買うなら? SamsungとMotorolaの折りたたみスマホを比較した結果

  • カテゴリー:
  • TOOL
買うなら? SamsungとMotorolaの折りたたみスマホを比較した結果
Image: Samsung

2月11日に開かれたSamsungのイベント「Samsung Unpacked」で、新しいデバイスがいくつか発表されましたが、最新の折りたたみ式スマートフォン「Galaxy Z Flipもそのひとつです。

前作の「Galaxy Fold」は左右に折りたたむ方式でしたが、今回のZ Flipは上下に折りたたむ方式になっています。Motorolaが最近発表したRazrも同じく上下に折りたたむ方式です。

折りたたみ式スマートフォンの熱い戦いが起きていますが、いったいどちらのスマートフォンを買うべきなのでしょうか?

以下、さまざまな角度から比較してみたいと思います。

ディスプレイ

galaxy
Screenshot: Galaxy Mobile

両スマートフォンに共通する最大の特徴は、言うまでもなく、折りたたみ式のディスプレイです。

両者のディスプレイが、品質面、性能面において、その他のスマートフォンを完全に凌駕しているわけではありませんが、両者それぞれに独自の特長を持っています。

それでは早速、メインの折りたたみディスプレイを比較してみましょう。

メインの折りたたみディスプレイ

  • Razr:6.2インチ、876 x 2142ピクセル
  • Z Flip:6.7インチ、1080 x 2636ピクセル、HDR10+対応

Z FlipのディスプレイのほうがRazrよりも大きく、高解像度で、HDR10+対応のおかげで色精度も優れています。もっとも、ほんとうに大切なのは折りたたみ機能がどうかです。

触った人たちのレポートを見ると、RazrのほうがZ Flipよりも折りたたみ機能は優れているようです。

Razrは、折りたたんだときに、上下のディスプレイがぴったりとくっつきます。Z Flipは、ヒンジ部に隙間があり、ディスプレイがわずかに反る感じがあります。これは多くの折りたたみディスプレイ(とくにSamsung製品)で見られる現象です。

もっとも、Motorolaも、シームレスな折りたたみディスプレイを実現しつつ、耐久性を確保するために、いくつかの妥協をしなければなりませんでした。

最もわかりやすいのは、 Z Flipのディスプレイはガラス製ですが、Razrはプラスチックを使っていることです。

また、The Vergeの比較記事によると、Razorのほうがヒンジが弱いそうです。CNETの使用テストで示されているように、Z FlipはL字型に自立できるほどヒンジ強度があります。

外部ディスプレイ

motorola
Screenshot: Motorola
  • Razr:2.7インチ、600 x 800ピクセル
  • Z-Flip:1.1インチ、112 x 300ピクセル

外部ディスプレイは両者にかなりの違いがあります。 Z Flipには、通知を表示できる程度の小さな外部ディスプレイしかありませんが、自撮りをするときのビューファインダーとして使えるのが秀逸です。

Razrの外部ディスプレイは、自撮りのビューファインダーにはなりませんが、サイズは圧倒的に大きくなっています。

さまざまなアプリや通知を表示できるうえ、インタラクティブに機能します。外部ディスプレイは、メインの折りたたみ式ディスプレイほどは重要ではないかもしれませんが、このパートではMotorolaが優勢のようです( 今後のレビューで逆転されないかぎり)。

主要スペック

次は、主要な内部部品のスペックを見ていきます。

プロセッサー

  • Razr:Snapdragon 710(中間レンジ、少し遅め)
  • Z Flip:Snapdragon 855 Plus

ストレージとメモリ

  • Razr:128GBストレージ、6GB RAM
  • Z Flip:256GBストレージ、8GB RAM

オペーレーティングシステム

  • Razr:Android 9.0
  • Z Flip:Android 10.0; One UI 2

バッテリー

  • Razr:2510 mAh; 急速充電に対応
  • Z Flip:3300 mAh; 急速充電とワイヤレス充電に対応

カメラ

  • Razr:5MP セルフィーカメラ; 16MP 背面カメラ
  • Z Flip:10MP セルフィーカメラ; 超広角レンズを備えた 2x 12MP 背面カメラ

ご覧のとおり、主要スペックはすべてのカテゴリーでZ FlipがRazrを凌駕しています。Motorolaは、バッテリー持ちをよくするためにスペックを抑えたことを示唆していますが、Z Flipはハードウェアがパワフルなのに加え、バッテリーも大容量です。Samsungが優勢です。

折りたたみディスプレイを実現するためにハードウェアに妥協を強いられているにもかかわらず、Z Flipは、スペック、使用テストの結果とも、優れたスマートフォンであることを示しています。

もちろん、GoogleのPixel 4、iPhone 11、SamsungのGalaxy S20といった、折りたたみ式ではないスマートフォンののほうが、スペック面ではZ Flipより勝っていますが(少なくとも同等以上)、新しいRazrとだけ比較するならば、 Z Flipのほうがパワフルなスマートフォンであることは間違いありません。

価格

  • Razr:1,500ドル
  • Z Flip:1,380ドル

正直にいえば、私はまだスマートフォンを折りたたむことに懐疑的です。どちらかといえば、主要メーカーのフラグシップモデルにお金を使うほうがよいと考えています。

もっとも、折りたたむというコンセプトに共感している人には、価格だけを見ても、RazrよりもZ Flipがおすすめできます。

120ドル節約しながら、はるかにパワフルな(理論上は)デバイスを手に入れることができます。ノスタルジックな感傷に流されなければ、Z FlipよりRazrを選ぶ理由はほとんどありません。

あわせて読みたい

スマホをポケットから取り出さずに、音楽を流す外付けグッズ【今日のライフハックツール】

スマホがスリープ中でも時間や通知を確認する方法|Android


Image: Galaxy mobile, Motorola

Source: Galaxy mobile, Motorola

Brendan Hesse - Lifehacker US[原文

訳:伊藤貴之

swiper-button-prev
swiper-button-next