連載
特集
カテゴリー
タグ
メディア

「人生で一番役立ったアドバイスは…」Wired創業者が語る

「人生で一番役立ったアドバイスは…」Wired創業者が語る
Image: VectorKnight/Shutterstock.com

誰もが日々新しいチャンスに出会います。そのチャンスの中から選んだものが、大変でもやりがいのある仕事になることもあります。

したがって、同時にどのチャンスを選ばずに断るかということが、成功するには不可欠となります。すべてをやることはできませんから。

もし、その予定が来週ではなく明日なら?

先日Inc.の記事に、「Wired」の創業者Kevin Kellが、親しみを込めて「明日だったらフィルター」と呼んでいる、断る時に関するアドバイスが載っていました。

私にとって、これまでに一番役に立ったアドバイスのうちのひとつは、作家のAnne Herbertから学んだものです。

Herbertは、1カ月後、もしくは1週間後でも、何かに誘われたり、招待されたりした時は、その仕事/会議/イベントが明日だとしても受けるか、と自問すると言っていました。

答えは「ノー」のことが多いです。私はこの「明日だったら」というフィルターを常に使っていて、非常に役立っています。

未来ではなく、現在に価値をおく

このアイデアの根底にある考え方は至ってシンプルで、同じものでも、1週間、1カ月後のものよりも、現在に価値をおくという視点に立ったものです。

たとえば、チョコチップクッキーを2週間待って手に入れるより、今すぐ食べたいと思うでしょう。

逆に、来月行われる友人のコミュニティ会議が、よさそうなチャンスだと思ったとしても、それが明日だとしたら怖気づくことに気付くかもしれません。

頭では「よさそう」だと思って、「イエス」と言いたくなることが多いかもしれませんが、同じことを明日やるとしたら楽しみだと思わないような場合は、「ノー」と言ったほうがいいでしょう。

当然ですが、これはすべてに当てはまるわけではありません。今すぐ楽しみだと思わないものでも、いいチャンスはあります。

しかし、それがもっと直近に来るチャンスだったら、自分はどんな風に感じるかと考えてみるのは、そのチャンスを別の視点から見るのに役立ち、最終的に自分が求めているチャンスかどうか判断できます。

あわせて読みたい

最強の時間管理で1日の仕事をすべて終わらせる!タイムマネジメント術まとめ

評価ではなく肯定。自己肯定感に欠かせない「信頼できる他人」の存在

先延ばしにしているタスクを10分間でどんどん片付ける方法


Image:

Source: Inc.

Emily Price - Lifehacker US[原文

訳:的野裕子

swiper-button-prev
swiper-button-next