連載
特集
カテゴリー
タグ
メディア

それは本当に全部ダメ? 自己肯定感が低い人が陥りやすい考え方

それは本当に全部ダメ? 自己肯定感が低い人が陥りやすい考え方

「私は粘り気もなく、根気もなく、ダメな人間だ」と思ったとします。前半は部分否定で、後半は全否定。自分自身がダメだというのは、人間性自体を否定しています。

こうなると、自己肯定感が低くなってしまいます。そもそも、根気がないとダメなのでしょうか? 切り替えが早いとも言えますし、たくさんのことを同時にこなせるかもしれません。自己肯定感が低い人は、ひとつ自分のダメなところを見つけると、どうしても全部を否定してしまう傾向にあります。

だらしない、短気、心配性などいろいろダメだと感じる部分はあるでしょう。しかしそれは「部分」であり、自分の全部がダメというわけではない。ここを切り分けて考えることが重要です。

「私は少しおっちょこちょいだけど、そんな自分を楽しんで生きてます!」これは、部分否定と全肯定。こういう人は、非常に自己肯定感が高いといえます。

川野泰周(かわの たいしゅう)先生

profile-3

臨済宗建長寺派林香寺住職/RESM新横浜睡眠・呼吸メディカルケアクリニック副院長。2005年慶応義塾大学医学部医学科卒業。臨床研修修了後、慶應義塾大学病院精神神経科、国立病院機構久里浜医療センターなどで精神科医として診療に従事。2011年より大本山建長寺専門道場にて3年半にわたる禅修行を行った。現在は寺務の傍ら精神科診療にあたり、マインドフルネスや禅の瞑想を積極的に取り入れた治療を行う。著書に『ずぼら瞑想』(幻冬舎)、『会社では教えてもらえない 集中力がある人のストレス管理のキホン』(すばる舎)などがある。精神保健指定医・日本精神神経学会認定専門医・医師会認定産業医。

あわせて読みたい

マインドフルネスって何?効果と実践法

傷ついた心を癒やす処方箋。深い闇から立ち直るには?

強いメンタルでポジティブに生きていくための習慣6つ


image via shutterstock

マイロハスより転載(2019.06.20)

島田ゆかり

swiper-button-prev
swiper-button-next