連載
特集
カテゴリー
タグ
メディア

重要なのは、好奇心に従い行動すること。日本の自然に魅了され、30年間研究を続ける外国人女性

MugendaiMugendai

重要なのは、好奇心に従い行動すること。日本の自然に魅了され、30年間研究を続ける外国人女性
Image: Mugendai(無限大)

日に日に深刻さを増しているといわれる、環境問題。その影響範囲があまりに大きいため、解決も容易ではありません。

IBMが運営するWebメディアMugendai(無限大)にて、日本人の自然に対する考え方を手本に、環境問題を考えようという女性が登場。外国人でありながら、30年間に渡って日本の地方を見続けた方の提言とは。

農家は長話、漁師は無口? 30年間日本の地方を見続けた大学教授の視点

インタビューに登場していたのは、上智大学大学院のあん・まくどなるど教授

1982年の初来日以降、およそ30年間に渡って日本の農漁村でフィールドワークをされ、その研究を人生のテーマにされたという、まさに日本人以上に日本を知る方です。

実際に農村に移住したり、漁師さんと船に乗ったりとその行動力は並大抵のものではありませんが、そんな教授から見て、農村と漁村には大きな違いがあるといいます。

重要なのは、好奇心に従い行動すること。日本の自然に魅了され、30年間研究を続ける外国人女性
Image: Mugendai(無限大)

外国人である教授にとって、漁村は比較的馴染みやすい環境だったそう。教授はこれを「農耕民族である日本人にとって漁民はよそ者であり、外国人と共通点があるのでは」と指摘します。

一方で農村は、じっくり時間をかけて地域の人間関係や慣習を勉強する必要があったそうで、1年間は静かに暮らし、2年目から少しずつ行事に参加、3年目にようやく声をかけられるようになったのだとか。

その他にも「農家は話が長く、漁師は無口」など、30年間観察してきた教授にしか分からない、意外な特徴も多く語られていました。

「好奇心を大切にし、行き詰まっても人のせいにするな」父の教えが「好きな道」に進ませた

外国人である教授が、日本の地方を「生涯の研究対象」だと決意するのは、簡単なこととは思えません。「好きな道」に進めた理由を、家庭での教育のおかげだと以下のように語っています。

父親はカナダの開拓者の長男で、森の中の電気も水道もない小屋で育ちました。奨学金で大学に進学して栄養学の学者になり、私たち子どもには、好奇心を大切にし、未知の世界に挑戦するよう、いつも言っていたのです。

異文化の国で交流を求めるなら、待つのではなく、よそ者の自分から行動を起こす責任があります。(中略)カナダ初のAFS交換留学生として急遽私が選ばれた時、父は「その国の文化に合わせる努力をしなさい。行き詰まっても、その国のせいにしてはいけない」と言って、送り出してくれました。

重要なのは、好奇心に従い行動すること。日本の自然に魅了され、30年間研究を続ける外国人女性
Image: Mugendai(無限大)

2010年に開かれた国際会議にて、日本が何千年にも渡って培ってきた海洋文明・漁業文化を取りあげ、発展途上国の支援に道を開いたという教授。日本人として少し誇らしい気持ちにもなりますが、一方で日本の地方はいま、気候変動によって大きくその姿を変えているといいます。

例えば、海産物が豊富だった能登の海は砂漠化して海藻も生えなくなっており、リンゴからミカンへの移行を本気で考える青森県の農家もあるといいます。特に温暖化によって引き起こされる環境問題は、すでにわれわれの生活を変え始めているようです。

重要なのは、好奇心に従い行動すること。日本の自然に魅了され、30年間研究を続ける外国人女性
Image: Mugendai(無限大)

好きなことをとことん突き詰めるエネルギッシュな行動力と、環境問題のいま。その両方について知ることができるインタビューの続きは、Mugendai(無限大)よりお楽しみください。


Image: Mugendai(無限大)

Source: Mugendai(無限大)

渡邊徹則

swiper-button-prev
swiper-button-next