連載
特集
カテゴリー
タグ
メディア

今日のライフハックツール

ゴミを3分の1の量まで圧縮できるという機能性ゴミ箱。その実力やいかに…【今日のライフハックツール】

  • カテゴリー:
  • TOOL
ゴミを3分の1の量まで圧縮できるという機能性ゴミ箱。その実力やいかに…【今日のライフハックツール】
ギリギリまで入っていたゴミが…
Image: Amazon.co.jp

みなさんはキッチンにどんなゴミ箱を置いていますか

私は足でペダルを踏むとパカっと開くタイプの小ぶりなプラスチック製のものを使っていましたが、週2回のゴミの日回収までに生ゴミを入れた小さな袋が数個たまるようになったので、衛生面を考えて大きなものを買うことに。

そこで買ったのが、Joseph Joseph (ジョセフ ジョセフ) の『ペダル式ゴミ箱 ストーン 20L ゴミを1/3に圧縮するゴミ箱 クラッシュボックス』。去年のAmazonのサイバーマンデーのタイムセールで値引きされていたのを見て、即決しました。

容量は20Lだけど、圧縮して最大60リットルまで収容することができる

200129trash3
Photo:中川真知子

Joseph Josephは、イギリス生まれのキッチンブランド。デザイン良し、使い勝手良しで、オランダ発のブラバンシアに並んで人気です。我が家や築50年ほどの動線が古い一軒家ですが、シンプルで洗練されたデザインなので浮き過ぎてしまうことがありません。

私が買ったのは20リットルですが、ハンドルを持って押し込めばゴミをクラッシュして最大60リットルまで収容することができるとのこと。どういった仕組みなのかはAmazonのページに掲載されていた写真をご覧ください。(我が家の生ゴミをみていただくのは申し訳ないので…)

200128josephjoseph1
中のハンドルを握って下に押す
Image: Amazon.co.jp
200128josephjoseph2
ギリギリまで入っていたゴミが…
Image: Amazon.co.jp
200128josephjoseph3
ハンドルで押すことによって…
Image: Amazon.co.jp
200128josephjoseph4
潰されて小さくなる仕組み
Image: Amazon.co.jp

私は、20リットル用のゴミ袋を買ってセットして使っていますが、容量的に十分なのでクラッシュ機能はテストでしか使ったことがありません。

ただ、テストでクラッシュしてみたところ、セットしたゴミ袋が千切れてしまったので、それ以来使っていません。おそらくゴミ袋は耐久性のあるものでないとダメなのだと思います。

200129trash2
ゴミ箱の上にかかっているものと同じサイズのものをセットして使っています
Photo:中川真知子

ちなみに、そのゴミ袋ですが、Joseph Josephの専用ゴミ袋ではなく、パル・システムで購入した通常の持ち手付き20リットルビニル袋を使っています(ゴミ箱の上にかかっている白いビニール袋がそれです。これにはプラゴミを入れています)。

セットするとゴミ箱の容量より小さいのですが、3〜4日分のゴミを入れるには十分なのでそのまま使い続けています。

200129trash
Photo:中川真知子

使い勝手は良し。ペダルを踏むと蓋が開き、ゆっくりと閉まります。また、しっかりした作りで重いので、ゴミをまとめる時やビニル袋をセットするときに動いてしまうこともありません

参考価格は2万4200円、現時点(2/17)でのAmazonの販売価格は1万6524円なので、ゴミ箱にしては高価なアイテムだと思います。

しかし、日常的に使うもので、汚れやすいものだからこそストレスを軽減してくれるアイテムにしたいもの。私はこのゴミ箱を見るたびに気分が上がるので、買って大正解。

丁寧に扱いたいという気持ちが芽生えましたし、周辺もできるだけすっきりさせるために、ゴミ出しまでの動線を見直すきっかけにもなりました。

ゴミ箱ひとつ新しくするだけで、避けて通りたかったお勝手のゴミエリアがお気に入りの場所になりました。我ながら、これは良い投資だったと思っていますよ。

あわせて読みたい

数々の家計簿アプリを試したライターが行き着いた、お金の管理ツール【今日のライフハックツール】

ミニマルすぎる無印良品のシュレッダーでペーパーレスライフ【今日のライフハックツール】

小物が全部入って収納力抜群。デスク上がすっきりする収納グッズ【今日のライフハックツール】

Source: Joseph Joseph

Photo: 中川真知子

中川真知子

swiper-button-prev
swiper-button-next