連載
特集
カテゴリー
タグ
メディア

コーヒーや調味料の保存にピッタリ。ダイヤルを回すだけで簡単に真空保存できる容器

  • カテゴリー:
  • TOOL
コーヒーや調味料の保存にピッタリ。ダイヤルを回すだけで簡単に真空保存できる容器
Image: Amazon.co.jp

コーヒーやお茶、調味料など、一度開封した食品は湿気や酸化で劣化してしまいます。時には使い切れずに無駄になることも。

なるべく劣化を遅らせるには真空で保存するのが1番ですが、面倒なことはやりたくないですよね。

そこで今回は、簡単に真空保存が可能になる容器をご紹介します。

ダイヤルを回すだけで容器の中が真空に

Image: Amazon.co.jp

ANKOMNの「真空保存容器ターンシール」は、フタにあるダイヤルを数回すだけで中を真空にできる保存容器。

右回しでも左回しでも、左右交互に回してもいいとのことで、左効きの人でも使いやすそう!

真空状態か、そうでないか一目でわかる

Image: Amazon.co.jp

真空になるとフタにあるボタンがへこむので、わかりやすいですね。ボタンがへこんでから、さらにフタを数回回すと真空が長持ちするとのこと。

そして、真空を解除するにはボタンを数秒間押すだけです。

真空保存するアイテムにありがちな電池やポンプが不要なので、頻繁に開け閉めするのも苦になりませんね。

時間がたつと湿気て固まってしまう調味料や、味が落ちてしまうコーヒーやお茶を入れておくのにピッタリです。

しかも容器は紫外線のカット効果もあるとのことで、Wの効果で劣化を防いでくれそう。

袋のまま入れれば楽

Image: Amazon.co.jp

コーヒーやお茶などは、1.2リットルサイズの「真空保存容器ターンシール」なら、袋のままポンと入れられます。

注意点としては、パッキンの部分に粉などがつくと真空状態にできないので、細かいカスや粉末のものは、いったん袋に入れてから「真空保存容器ターンシール」に入れて保存しましょう。

積み重ねられて、スッキリ収納できる

Image: Amazon.co.jp

サイズは計3種類。1.2リットル以外に0.3リットルと0.6リットルがあります。

用途別に使い分けられますし、積み重ねることもできるので、効率的な収納が可能ですよ。

しかも冷凍庫や冷蔵庫にも入れられるので、食品の劣化を防ぎつつ整理整頓も捗りそうですね。

なお、以下の表示価格は執筆現在のものです。変更の可能性もありますので、表示ページをご確認ください。

ちなみに、プッシュするだけで真空にできる保存容器もあります。こちらは電子レンジが使えるのでカレーを入れて冷蔵庫に入れておき、容器ごと温めるなんてことが可能ですよ。

Image: Amazon.co.jp

Source: Amazon.co.jp

島津健吾

swiper-button-prev
swiper-button-next