連載
特集
カテゴリー
タグ
メディア

ウイルス感染拡大は重要な空港10カ所の対策で約37%遅らせられる|研究結果

ウイルス感染拡大は重要な空港10カ所の対策で約37%遅らせられる|研究結果
Image: Shutterstock

日常生活を続ける限り、自分だけの努力で感染症から身を守るのには限界があります。

まだわかっていないことの多い新型コロナウイルス(COVID-19)ですが、どうやら環境にしぶとく居つく性質を持っているようなので、公衆衛生の改善は予防策の1つの柱となりそうです。

さすがに手を洗う習慣はついたかと思いますが、周りには手の状態をあまり気にしていない方もいるんじゃないでしょうか。

価値観や危機感は人それぞれですので、そういった方に協力のお願いはできても強制はできません。

幸いなことに、MITやキプロス大の研究チームの空港を対象にした研究により、完璧な対処じゃなくても、感染拡大の防止に効果的なことが明らかになりました。

コロナ、インフルエンザなどのウイルス対策・効率的な除菌方法9つ

重要な空港10カ所の対策で感染拡大を約37%遅らせられる

研究では、世界にあまたある空港のうち10カ所で手を打てば、感染症拡大を大幅に減速できることが示されました。

ちなみに同研究は昨年12月に発表されたもので、今回の新型コロナウイルスに限らず感染症対策一般に適用できるものです。

10カ所の空港は必ずしも利用人数で決まるわけでなく、感染源がどこかによって変わります(これとは別の空港でジョンズホプキンス大が、新型コロナのハイリスク空港50を発表しています)。

研究チームがもとにしたのは、American Society for Microbiology(ASM)による調査結果、「空港にいる人のうち手が清潔なのは約20%」というもの。

言い換えると、直近1時間以内に、石けんを使って最低15秒間手を洗った人の割合です(ちなみに約30%の人はトイレに行っても手を洗わないそうですよ)。

研究チームは、約80%もの無自覚にウイルスを持ち運ぶ可能性のある人が減ると、感染拡大の防止にどう影響するのかをシミュレーションしました。

その結果、効果が最大となるのは世界中すべての空港で手が清潔な人を60%まで引き上げた場合で、感染症の拡大を約70%遅らせる可能性があるとわかりました。

ただ、すべての空港での手洗いの徹底は現実的ではありません。

そのかわり、発生源から考慮して最も重要な空港10カ所のみでこれを実施するだけで、感染の拡大を約37%遅らせられます。

あるいは、世界中の空港で、手の清潔な人を10%増やすことで、感染の拡大を約24%遅らせることも可能です。

トイレの外に手洗い場を設けると衛生環境アップ

研究結果が示すように、ちょっとした衛生面の改善だけでも、大きな効果が得られる可能性があります。

他人の考え方や行動を変えるのは簡単ではありませんが、正しい知識および適切な危機感を身につけてもらうべく、周りに啓蒙し続けることはとても意味があります。

たとえば、こんな対策が良さそうです。

  • 1時間に1回15秒間以上の手洗いをといった貼り紙を貼る
  • 要所に即席の手洗い場を設けてアクセス改善を図る
  • センサー式水道の流水時間を延長する

また、JAMA Networkに掲出されている最近の研究では、新型コロナウイルスの感染経路に排泄物がある可能性も示されています。

キプロス大の研究者によれば、汚染されやすいトイレの中よりも、外に手洗い場を設けるのが効果的とのこと。

持続除菌により接触感染のリスクを減らす

最近の研究(The Healthcare Infection Society)からSARSやMERSのコロナウイルスが、生体外で最大9日間生き延びることがわかっています。

新型コロナウイルスにも当てはまるとすれば、環境への定着を防ぐ工夫がより重要になってきます。

ハイリスクポイントを除菌する

  • 手すりやドアノブ
  • スイッチ
  • 蛇口や食堂のテーブルの上 などを持続除菌する

床や壁などすべての表面を除菌するのは難しいですが、よく手が触れるハイリスクポイントを中心に除菌し、接触感染のリスクを減らすことはできます。


感染リスクを100%なくすことは難しくても、できる範囲で減らすことが大切。ちょっとした対策や習慣の積み重ねが、大きな効果を発揮するんじゃないでしょうか。

あわせて読みたい

正しい手の洗い方、ちゃんとできていますか?

スマホ除菌してる?ウイルスの温床にしないための対策法

現時点でコロナウィルスについて知るべき4つのこと


Source: MIT News,JAMA Network,The Healthcare Infection Society

Reference: ジョンズホプキンス大

山田洋路

swiper-button-prev
swiper-button-next