連載
特集
カテゴリー
タグ
メディア

そうめんかぼちゃは、輪切りにするとよりスパゲッティっぽくなる!

そうめんかぼちゃは、輪切りにするとよりスパゲッティっぽくなる!
Photo: Shutterstock

そうめんかぼちゃ(金糸瓜)に関して、一家言ある読者にあれこれ言うつもりはありません。

私は自分で、そうめんかぼちゃを買うことはありませんが、あるとき驚くほど美味しいそうめんカボチャの料理を外で食べたことならあります。

私とそうめんかぼちゃの関係は、その程度なので、読者の皆さんはお好みのやり方で調理してください。

とは言え、そうめんかぼちゃを買って自宅で料理するとき知っておいた方が良い情報があります。

それは、自宅でカットするときは、そうめんかぼちゃの写真で良く見るように垂直にカットせず、輪切りにした方が繊維が長くなるということです。

squash2
Photo: Claire Lower

上の写真をよく見ると、繊維が瓜の穴の周りに同心円状に入っていることがわかります。

ですから、そうめんかぼちゃを垂直にカットすると、この繊維も半分にカットされてしまいます。

繊維が短くなるとダメというわけではないかもしれませんが、パスタのように食べたいなら、繊維は長い方が良いはずです。

そうめんかぼちゃ
Photo: Claire Lower

そうめんかぼちゃを輪切りにしたら、いつも通りのやりかたで調理しましょう。

レンジで加熱してもいいですし、ローストしてもいいですが、私は普段はインスタントポットを使います(高圧で6分間調理したら取り出します)。

このやり方だと、フォークも要りません。

皿の上でそうめんカボチャをぎゅっと絞るだけでスパゲッティもどきがするっと皿に滑り落ちます。(でも、水気は切りますよ。水っぽいと食欲をそそらないからです)

あわせて読みたい

「温野菜」を飽きずに食べられるソース4種

「パスタ」を「豆」に変えるだけの簡単ダイエットレシピ

冷めて固くなった残り物のパスタ。おいしく温めなおすのに必要なものは?


Photo: Claire Lower

Claire Lower – Lifehacker US[原文

訳:春野ユリ

swiper-button-prev
swiper-button-next