連載
特集
カテゴリー
タグ
メディア

ドリップコーヒーが余ったら「手抜きアフォガート」を作ろう

ドリップコーヒーが余ったら「手抜きアフォガート」を作ろう
Image: Shutterstock.com

世の中には、コーヒーをよく飲む人たちがいるようです。コーヒーに気分を左右される人たちなので、飲み干すまでは話しかけないほうがいいくらいです。

そうした人たちなら、コーヒーを飲み切れずたくさん余らせてしまうようなことはないでしょう。でも、私は違います

ドリップコーヒーが余ってしまったら

私は何しろデリケートな人間なので、カフェイン飲料であるコーヒーの限界量は、1日に1杯と1/3杯ぐらいです。

この限界を超えると、足が貧乏ゆすりを始めます。まぶたがピクピクし始めることもあります(こうなるかどうかは、その日食べたものによって決まります)。そして、ツイートからは冷静さが失われます。

おかげで、飲み残しのドリップコーヒーが大量に余ってしまうことがしょっちゅうあります。自宅にある小型のコーヒーメーカーでさえ2.5杯用だからです。

でももちろん、たいした問題ではありません。余っても困ることはまずないのです。

そういう場合はときどき、飲み残しのコーヒーが入ったポットを冷蔵庫に放り込んでおき、翌朝にアイスコーヒーを楽しんだりします。

最近は(特に週末は)、バニラアイスひとすくいの上から冷やした飲み残しのコーヒーをかけ、「手抜きアフォガート」を作っています。

「手抜きアフォガート」がおすすめの理由

1. 解放感と遊び心を楽しめる

いれたてのエスプレッソとジェラートで作る、本場イタリアの正真正銘のアフォガートではありませんが、これはこれでとてもおいしいものです。

また、「正しい」材料を何1つ使わないところが、ちょっぴり解放感遊び心を掻き立ててもくれます(コーヒーにチョコミントアイスでもOK。どうせイタリアンエスプレッソではないのですから)。

2. アイスクリームがとけない

熱いエスプレッソをかけるのと違って、アイスクリームはとけません(とけたのもおいしいですが)。

反対に、冷たいコーヒーがところどころで氷状になり、ルートビア・フロート(ルートビアにアイスクリームを浮かべたもの)の凍ったところのような、歯ざわりのいい小さなコーヒーグラニータが楽しめます。

3. コーヒーを粗末にしない

残ったコーヒーを粗末にしないので、いいことをした気分が味わえます。同時に、レシピの元ネタがイタリアンなので、イタリアっぽさも味わえます。午後のおやつや食後のデザートに、まさにもってこいの一品です。

これを食べるとほんの少し寝つきが悪くなりますが、そんなときはイタリアのリキュール、アマーロをワンショットあおって、帳尻を合わせましょう(いっそ、アマーロをアイスにかけてもいいかも)。

あわせて読みたい

一味違うコーヒーの飲み方13選|スパイスや伝統的なアイリッシュコーヒーの淹れ方も

学者チームが導き出した、おいしいエスプレッソコーヒーの作り方


Image: Shutterstock.com

Claire Lower - Lifehacker US[原文

訳:ガリレオ

swiper-button-prev
swiper-button-next