連載
特集
カテゴリー
タグ
メディア

容量オーバーで困らないために。Gmailで添付サイズの大きいメールを見つける方法

容量オーバーで困らないために。Gmailで添付サイズの大きいメールを見つける方法
Image: Shutterstock.com

撮影した写真を保存するために、スマホのカメラロールからいらない写真を必死に探して削除した経験はありませんか? きっとみなさんありますよね。

Gmailも、保存容量の上限に達すると新しいメッセージを送受信できなくなります。これも同じくらいイライラさせられるものです。

Googleの保存容量は、Googleドライブ・Gmail・Googleフォトでシェアされており、アプリごとにスペースを解放する方法がいろいろあります。

そして、メッセージ添付ファイル(迷惑メールやゴミ箱の中のものも含めて)が、Gmailスペースの大半を占めています。今回は、サイズの大きな添付ファイルを見つけて削除する方法を紹介します。

容量の大きい添付ファイルの検索方法

まず、パソコンのウェブブラウザでGmailを開き、画面上部にある検索ボックスに[has:attachment larger:10MB]と入力してみましょう。

すると、10MBを超える添付ファイルがあるメッセージが検索結果に表示されます。数字は必要に応じて変更してください。

GB(ギガバイト)単位での検索はできませんが、そもそもGmailでは巨大な添付ファイルは送信できません。メッセージ1件あたりの添付ファイルの上限サイズは25MBです。

検索ボックスのキャプチャ
Screenshot: Lifehacker US

ファイルサイズをバイト単位で指定したい場合は、サイズ検索演算子を使います。[size:]と入力してから、バイト数を指定します。

たとえば、[size:1000000](1MB)など。以下にいくつかのサンプルを示します。クリックすると自分の受信トレイにおける検索結果を見ることができます。

ストレージを解放するには、削除するメッセージを選択して、ゴミ箱アイコンをクリックします。 次に、左側のメニューでゴミ箱フォルダを探し(見つからなければメニュー末尾の[もっと見る]をクリック)、[ゴミ箱を今すぐ空にする]をクリックしてください。

受信トレイの一番下までスクロールすると、保存容量(および使用量)を確認できます。 または、Googleドライブの設定画面でも、アプリごとのストレージ使用量がわかりますよ。

あわせて読みたい

知らないともったいない。GoogleやExcelのショートカットまとめ

Gmailでも使える裏技。複数人に向けてメールを送るときは「@」が便利!

Gmailのメールアドレスを無限に作る方法(アカウントは1つ)


Image: Shutterstock.com

Source: Google

Adam Dachis and Emily Long - Lifehacker US[原文

訳:伊藤貴之

swiper-button-prev
swiper-button-next