連載
特集
カテゴリー
タグ
メディア

Googleは音声データで何をしているのか? Androidスマホの録音対策

  • カテゴリー:
  • TOOL
Googleは音声データで何をしているのか? Androidスマホの録音対策
Image: MakeUseOf

Android端末は、常にあなたの言葉を聞いているのでしょうか?

Googleはあなたが言ったことをすべて記録し続けているのでしょうか?

もしそうだったら、一体どうすればいいのでしょうか?

すべてのデバイスにマイクが搭載され、ユーザーの行動を追跡したがる会社がスマホをつくっている時代ですから、このような疑問が生まれるのも当然です。

Googleが録音をしている理由に注目し、スマホに録音させないようにする方法をお教えしましょう。

GoogleはAndroid端末で常に録音しているのか?

先に進む前に、まずGoogleがAndroid端末で具体的に何を録音しているのかを説明しましょう。

スマホで特定の設定を有効にしている場合、「OK Google」と言うと指示を聞くために録音をします。

この起動フレーズを言うまでは、スマホは「OK Google」という大事な言葉を聞き逃さないようにしていますが、あなたの言うことすべてを録音してGoogleにアップロードしたりはしていません。

Amazon Echoに対する懸念と同じように、デバイスが聞いたものを常にすべて録音していたら、膨大な無用データになります。

OK Google」の設定を有効にしていなくても、音声コマンドを使うことはできます(Googleはそれを録音もできます)。

検索バーのマイクアイコンをタップするか、ホームボタンを長押ししてGoogleアシスタントを開くと、すぐに音声コマンドが起動します。

Googleは、あなたがスマホに対して発言した音声コマンドを録音しています。

OK Google、ジャック・ブラックは何歳?」と聞いた場合、Googleは質問とその数秒前の音声を保持しています。

OK, Googleの画面

Googleが録音したものを聞くにはどうすればいいのか?

Googleは、あなたとのやり取りをすべて見るためのポータルを提供しています。ここには、Googleアシスタントとやり取りした音声も含まれます。スマホの設定Googleカテゴリーから見ることができますが、Webで見る方が少し楽です。

  1. Googleの「マイ アクティビティ」ページに行くと、これまでに見たYouTubeの動画から、スマホで開いたアプリまで、あらゆるものが見ることができます。
  2. 検索バーの下にある「日付でフィルタ」をクリックすると、条件で絞り込んだ後の音声だけを見ることができます。
  3. 次に、すべての選択を解除をクリックし「音声」だけを選びます。
  4. 適用」をクリックします。
フィルタリングの選択肢

これで、Googleが録音したあなたの音声すべてが、最新のものから順にタイムラインに並びます。

各音声の「詳細」をクリックするといつ録音したものかがわかり、「音声を表示」を選ぶとそれを聞くことができます。

初期設定では、日付の近いイベントは一緒にまとまっています。必要であれば、クリックしてまとまっているものを開いたり、すべてを個別に見るには左上にある「アイテムを表示」を選びましょう。

GoogleにAndroid端末で録音させないようにする方法

Androidで特定のトグルの設定をすれば、Googleの音声の録音を無効にすることができます。お望みであれば、この変更の後でさらに一歩進んだ設定もできます。

スマホの「OK Google」を無効にする

まず最初に、以下の手順に従いながら「OK Google」を無効にします。

  1. スマホで「設定」を開き、「Google」のカテゴリーに入る。
  2. サービス」の下にある「アカウントサービス」を選ぶ。
  3. 検索、アシスタントと音声」をタップする。
  4. 検索結果ページで「音声」をクリック。
  5. Voice Match」のエントリーをタップする。
  6. Voice Matchでアクセス」のスライダーで「OK Google」を無効にする。(便利な機能ですが、運転中に「Googleマップ」と「Android Auto」で無効にすることもできます)
  7. Googleのプロフィールの自分の声を消したい場合は「音声モデルを削除」を選びます。
OK, Googleの設定画面

一旦この設定をすれば、Googleアシスタントは「OK Google」という声に反応しなくなります。以前は、Googleアプリを開いていたら反応していましたが、今回試してみたところ、Googleの検索画面やホーム画面が開いていても反応しませんでした。

これで、スマホはもはや「OK Google」も聞いていません

Googleアプリのマイクへのアクセスを無効にする

さらに、Googleアプリのマイクへのアクセスも無効にすることができます。

  1. スマホで「設定」を開き「アプリと通知」を選ぶ。
  2. すべてのアプリを見る」をタップして一覧を表示する。
  3. スクロールダウンして「Google」を選ぶ。
  4. 権限」をタップし、マイクの設定を選ぶ。
  5. 権限を無効にする。
アプリの権限画面

Googleアシスタントを無効にする

お望みであれば、Googleアシスタントを完全に無効にすることもできます。

  1. スマホの「設定」を開き、Googleのカテゴリーに入る。
  2. アカウントサービス > 検索、アシスタントと音声」を選ぶ。
  3. Googleアシスタント」をタップする。
  4. 上部にある「アシスタント」のタブに切り替える。
  5. アシスタントの端末」のところまでスクロールダウンし、自分のデバイス名を選ぶ。
  6. Googleアシスタント」のスライダーのトグルをオフにして無効にする。
Googleアシスタントの設定画面

Googleの音声の履歴を無効にする

Android端末で「OK Google」やGoogleアシスタントを無効にしても、所有している他のデバイス(タブレットやGoogle Home)では何も起こりません。

それに、Chromeで音声検索している場合は、Googleはその音声データもまだ保持することができます。以下の手順に従って、自分のGoogleアカウントのすべての音声履歴を記録しないようにしましょう。

  1. Googleのアクティビティ管理ページに行き、必要であれば自分のアカウントでサインインする。
  2. Webとアプリのアクティビティ」のセクションを探す。
  3. Googleが音声のアクティビティとアカウントを紐付けないよう「音声の録音を含む」のチェックボックスのチェックを外す。
アクティビティの管理ページ

こうすることで、自分のGoogleアカウントの音声関連の機能がデータを保存するのを制限します。そもそもの最初の目的でもあります。

一旦この設定をしたら、Googleが保存していた過去の録音データも削除した方がいいでしょう。

ただし、気をつけて欲しいのは、これによって音声だけでなく、自分のGoogleアカウントに紐付いているすべてのWebアクティビティを削除することになります。過去のアクティビティを削除するには以下の手順に従ってください。

  1. Googleの「マイ アクティビティ」ページに行く。
  2. 左メニューにある「アクティビティの削除」をクリック。
  3. すべてを削除する場合は「全期間」を選び、削除する期間を自分で決める場合は「指定の期間」をクリックする。「削除」をクリックすると、選んだ期間のものが削除される。
マイ アクティビティのページ

一定期間経ったらGoogleの履歴を自動的に削除する

現在、Googleは一定期間経ったらアクティビティを自動的に削除できるようになっています。常に手動で削除しなくても、Googleが保持している情報を削除できます。

Googleの「マイ アクティビティ」ページを開き、「自動削除を選択」を選びます。アクティビティを削除する期間を「3か月」か「18か月」、もしくは「手動で削除」の中から選べます。

音声履歴の自動削除のページ

先ほど説明したように、音声データの録音を無効にしていれば、この設定をする必要はありません。

音声データを残すようにしている場合は、録音された音声だけでなく、すべてのWebアクティビティを削除することになるというのを覚えておいてください。

Googleは音声データで何をしているのか?

Google以外は、自分だけが自分の音声データにアクセスできるということを覚えておくことが重要です。もちろん、Googleが違反していなければ、ですが。

Googleは、以下のような方法で音声アクティビティを使用し、Googleの製品やサービスでユーザーがより良い成果を得られるようにしていると説明しています

  • ユーザーの声を学習する。
  • ユーザーの言葉の使い方、話し方を理解する。
  • ユーザーが「OK Google」と言った時に認識する。
  • 声を使ったGoogle製品全体の音声認識の向上。

どれも有益なことですが、そうは言ってもGoogleのような巨大な企業が、あなたの発言を記録し続けているということは懸念すべきことです。アルゴリズムはこのような情報を解析し、あなたの発言を元に、あなたの興味のあることを簡単に割り出します。

音声データをターゲティング広告に利用することも可能です。

音声無しでGoogleを使う

Googleアシスタントを無効にしない限り、音声を使わなくてもGoogleアシスタントの恩恵を受けることはできます。

Googleアシスタントを開き、キーボードアイコンをタップすると、Googleアシスタントへのコマンドを入力することができます。これで、話しかけたのと同じようにGoogleアシスタントは反応します。

Googleアシスタントのキーボード画面

不便にはなりますが、プライバシー保護を強化するための手間です。もちろん、Googleアシスタントを使えば、Googleはあなたの興味のあることがわかるので、それを記録します。これも避けたい場合は、代わりに「DuckDuckGo」を使いましょう。

自分のスマホから盗聴されないよう、自分で管理する

Android端末でGoogleが何を聞いているのか、自分の音声データや履歴の削除の仕方、録音しないようにする方法を見てきました。

このような機能を無効にすると、多少不便に感じるかもしれませんが、Googleにあなたの発言を記録させないのは価値のあることだとわかるでしょう。

あなたが何をしているのかを知るために、Googleが使っている他の方法についても心配な場合は、Googleがユーザーを追跡できる他の方法もチェックしてみてください。完全にGoogleを排除したスマホにしたい場合は、AndroidでGoogleを使わないやり方のガイドもあります。

あわせて読みたい

あなたがマイク入力した内容を盗聴される可能性も? 用心するためのブラウザ設定方法

Androidのウイルス対策、本当に大丈夫? 安全なアプリ23選

大丈夫?あなたの位置情報、ずっとダダ漏れしてますよ!


Image: MakeUseOf

Source: Google

Original Article: Your Phone Is Secretly Always Recording: How to Stop Google From Listeningby MakeUseOf

訳:的野裕子

swiper-button-prev
swiper-button-next