連載
特集
カテゴリー
タグ
メディア

未来の時間を占拠しない|しないから幸せ「南の島の幸福論」vol.2

未来の時間を占拠しない|しないから幸せ「南の島の幸福論」vol.2
Photo: 永崎裕麻

サモア人酋長のツイアビさんは「パパラギ(ヨーロッパ人)は、もっと時間が欲しいといつも不満をいう」といいます。

仮にパパラギが、何かやりたいという欲望を持つとする。その方に心が動くだろう。

たとえば、日光の中へ出て行くとか、川でカヌーに乗るとか、娘を愛するとか。

しかし、そのときの彼は「いや、楽しんでなどいられない。俺には暇がないのだ」という考えに取り憑かれる。だから、たいてい欲望はしぼんでしまう。

「パパラギ」より引用

私が住む南国フィジーも「フィジー・タイム」と呼ばれる、ゆるい時間感覚があります。

フィジー在住13年目になりますが、フィジー人から「もっと時間が欲しい」といった類の言葉を聞いた記憶がありません。

モチベーションは新鮮なうちに活用する

ツイアビさんがいう「欲望がしぼむ」という経験、私もよくあります。

たとえば、仕事帰りの夕方(月曜日)に立ち寄った本屋でおもしろそうな本を見つけ、週末にでも時間ができたときに読んでみようと購入します。

実際、週末になったときには、その本を読みたいという欲求はだいぶ落ちていて、むしろ「せっかく買ったから読まねば」という義務感が発生してしまっていたり…。

欲求(モチベーション)を維持することはなかなか難しいのです。

だから、モチベーションが高いタイミングで即実行に移せるように、未来の時間を空けておくことが重要!

「この本を読みたい!」と思って買った直後に読み始める。これがモチベーションを腐らせず、有効に活用する方法だと思います。

「やりたいと感じる瞬間」と「実行する瞬間」がなるべくズレないように、思い立ったが吉日で。

スケジュール帳をホワイトニングする

以前はスケジュール帳を真っ黒にすることで充実感を感じていました。

しかし、フィジーに移住してからは「スケジュール帳のホワイトニング」が人生を謳歌する秘訣だと思っています。

なるべく予定をスカスカにすること。フィジー人たちは自然にそれができています。

そもそもスケジュール帳を持っている人も少ないです。スケジュール帳を使っていて、予定をたっぷり書き込んでいる人でも、フィジーは「ドタキャン」に寛容なので、気が乗らなければ迷わずアポをキャンセルします。

だからこそ、義務感で疲れたりもしません。

「いま、やりたいこと」を大切に生きているので、欲望をしぼませる暇がありません。

時間がない、その理由は?

ツイアビさんはこう続けます。

時間はそこにある。パパラギはそれをまったく見ようとはしない。彼は自分の時間を奪う無数のものの名前をあげ、楽しみも喜びも持てない仕事の前へ、ぶつくさ不平を言いながらしゃがんでしまう。

だが、その仕事を強いたのは、他の誰でもない、彼自身なのである。

「パパラギ」より引用

そこにあるはずの時間が「ない」と錯覚してしまうほどに、忙しくしてしまう日本人も多いはず。

「忙」という漢字が心を亡くすと書くように、「時間飢餓」の状態だと、心の健康が失われてしまうので注意が必要です。

「時間が足りない」を作り出している原因の1つは「備えあれば憂いなし」の精神かもしれません。未来のリスクをなるべく減らすべく、入念な準備をしがち。

杞憂に終わりそうなことにも準備をし、結果として、膨大な時間を浪費していませんか。

フィジー人はフォーカスが「今」に当たっているので、「未来」の不安がありません。しっかりした事前準備をする習慣も薄く、行き当たりばったり感が強いです。(それをおすすめする訳ではありませんが)

特にリスク回避のための準備に時間を取られていると感じるなら、それは本当に時間を割いてまで備えるべきリスクなのか?と自問して、必要以上の準備時間を減らしていくことが、時間飢餓からの脱却方法なのかもしれません。

ツイアビさんは厳しくこう言います。

私たちは、パパラギ(ヨーロッパ人)の小さな丸い時間機械(時計)を打ち壊し、彼らに教えてやらねばならない。

日の出から日の入りまで、ひとりの人間には使い切れないほどたくさんの時間があることを。

「パパラギ」より引用

「時間はある」という、南国らしいメッセージ。

「いやいや、私たちが住む国は南の島とは取り巻く状況が全然違うんだ! そんなのんびりしたこと、言ってられるかっ!」と突っぱねることは簡単です。

ただ、どこか彼らから学べる部分を探して、生活に取り込んでいく実験をしてみると、目からウロコの発見があるかもしれません。

次回「しないから幸せ『南の島の幸福論』vol.3」は、<仕事はちょっぴりしかしない>というテーマです。なぜ南の島の人たちは働かないのか、について考えたいと思います。

あわせて読みたい

見返りを欲しがらない|しないから幸せ「南の島の幸福論」vol.1


永崎 裕麻(ながさき・ゆうま)Facebook

永崎裕麻

「旅・教育・自由・幸せ」を人生のキーワードとして生きる旅幸家。2年2カ月間の世界一周後、世界幸福度ランキング1位(2016/2017)のフィジー共和国へ2007年から移住し、現在13年目。ライフスタイルをアップデートする英語学校カラーズ校長。100カ国を旅し、14カ国で留学した経験を活かし、内閣府国際交流事業「世界青年の船」「東南アジア青年の船」に日本ナショナル・リーダー/教育ファシリテーターとして参画。ライター、教育企画の立案、「幸せに気づくコーチング」、「40歳定年」などの活動もしており、フィジーと日本を行き来するデュアル・ライフを実践。2019年からは「幸福先進国」であるデンマークも加えたトリプル・ライフに挑戦中。大阪府生まれ。神戸大学経営学部卒業。二児の父。

世界でいちばん幸せな国フィジーの世界でいちばん非常識な幸福論

著書に「世界でいちばん幸せな国フィジーの世界でいちばん非常識な幸福論」(いろは出版)。

Photo: 永崎裕麻

永崎裕麻

swiper-button-prev
swiper-button-next