連載
特集
カテゴリー
タグ
メディア

検索しなくても情報が届く「Googleアラート」の便利な活用術

  • カテゴリー:
  • TOOL
検索しなくても情報が届く「Googleアラート」の便利な活用術
Image: Shutterstock

ネットで何かを探したかったら、おそらくブラウザを開いて、Googleで検索すると思います。

検索は一番に思いつく方法ですが、さらにもう一歩進んだ方法としてGoogleアラートを使うこともできます。

Googleアラートを使うと何が便利になる?

Googleアラートを使うと、探したいものを入力したり、すべての検索結果を普通のメールで受け取ることができます(Slackと連携させるとさらに便利に!)。

ですから、毎朝自分に興味のありそうな新しいことをGoogleで検索するのではなく、受信トレイをチェックするだけ。

国内ニュースや海外のニュース、セール情報やクーポン、好きなテレビ番組や映画の最新情報などを知るのに便利です。

Googleアラートに馴染みがない人のために、まずはGoogleアラートの設定方法からお教えしましょう。

Googleアラートの設定方法

1. サジェストから設定する

Googleアラートを始める一番簡単な方法は、アラートをチェックすること。

Googleは、企業、金融、音楽、政治など一般的なトピックから、いいものを選別して提供してくれます。

例えば、金融のカテゴリで「ビットコイン」に関するもの、音楽では「パール・ジャム」、テレビでは「ゲーム・オブ・スローンズ」などを、アラートとして簡単に設定することができます。

Googleアラートのページ
Screenshot: Google アラート

GoogleアラートのWebサイトにアクセス。

Googleアカウントを複数持っている場合は、アラートのメールを受け取りたいアカウントでサインインします。

ページを少し下にスクロールすると「アラートの候補」があります。ここに興味のあるものがあれば、プラスのアイコンをクリックするだけで追加できます。

ページの上部に戻ると、選んだものが「マイアラート」に追加されているはずです。

2. キーワードで設定する

基本的なGoogleアラートの設定方法はわかりましたね。では、それ以外のGoogleアラートの設定方法をいくつか見ていきましょう。

Googleでキーワード検索をする(英語)のと同じように、自分の興味のある単語でGoogleアラートを設定することができます。

Googleが提供している「アラートの候補」よりも、さらに詳細に設定ができます。その上、Googleで検索するのと同じように、記号を使って検索結果を絞り込むこともできます。

例えば、プレゼントに関する「MakeUseOf」の記事をメールで受け取れば、クリスマスや誕生日の買い物にすぐに移ることができます。

Googleアラートのページにて、「gift site:makeuseof.com」と検索ボックスに入力すれば、そのWebサイト内の検索結果が表示されます。

このように設定したい場合は、「アラートを作成」をクリックして入力しましょう。もしくは、後で説明しますが「オプションを表示」をクリックして、アラートの設定を調整することもできます。

Googleアラートのオプション画面
Screenshot: Google アラート

アラートはカスタマイズできる

また、特定の範囲の価格の新しい「Chromebook」が発売された時にアラートが欲しい場合は、検索ボックスに「Chromebook ¥20000...¥50000」と入力すれば、自分好みに設定をカスタマイズしてアラートを作成できます。

Googleアラートのオプション画面
Screenshot: Google アラート

自転車の修理に必要な部品をニューヨークの「Craigslist」で探したい場合は、「"NEW YORK" AND "bicycle parts" site:craigslist.org」と入力すれば、検索結果を絞り込んだアラートが作成できます。

Googleアラートのオプション画面
Screenshot: Google アラート

米百貨店の「Kohl's」のクーポンコードを探している場合は、「Kohl's "coupon code"」と検索ボックスに入力しましょう。

Googleアラートのオプション画面
Screenshot: Google アラート

Googleアラートの設定やカスタマイズの可能性は山ほどあります。

Googleアラートの設定とオプション

アラートを作成する時は、「オプションを表示」のリンクをクリックするか、アラート作成後に「マイアラート」の各アラートの横にある編集ボタン(鉛筆アイコン)をクリックして、設定をカスタマイズすることができます。

各アラートの設定

Googleアラートのオプションのひとつは、各アラートをカスタマイズできることです。

アラートを受け取る頻度、ソース、言語など、他にもいくつかオプションがあります。

Googleアラートのオプション画面
Screenshot: Google アラート

カスタマイズできる設定は次の通りです。

  • 頻度:時間や時期に制約のあるもの(短期間の取引など)の場合は「その都度」がベストだと思いますが、あまり至急ではない場合やメールが大量に来て欲しくない場合は、「週1回以下」が理想的だと思います。
  • ソース:コンテンツのタイプを選ぶことができます。ここはGoogleのカテゴリーと一致しており、「ニュース」「ブログ」「ウェブ」「ビデオ」「書籍」「ディスカッション」「金融」があります。必要であれば1つ以上選ぶこともできますし、すべてのカテゴリーにしたい場合は「自動」を選びましょう。
  • 言語:選んだ言語でソースをフィルタリングします。
  • 地域:アメリカとカナダとイギリスのソースだけに絞りたい場合は、ここで設定しましょう。
  • 件数:「上位の結果のみ」か「すべての結果」のどちらかを選びます。
  • 配信先:自分のGoogleアカウントか「RSSフィード」にアラートを送ることができます。

特に設定しない場合は、Googleアラートの初期設定だとグローバルな検索結果をメールアドレスにそのまま送ってきます。

ちなみに、「ソース」オプションのコンテンツの各タイプの内容は以下の通りです。

  • ニュース:Googleニュースの最新記事を検索。
  • ブログ:新しく公開されたブログポストを検索。
  • ウェブ:すべての新しいWebコンテンツを検索。
  • ビデオ:Googleでビデオと表記されているものを検索。
  • 書籍:Googleブックスに新しく追加されたものを検索。
  • ディスカッション:新しいオンライン掲示板のスレッドを検索。
  • 金融:クエリーに一致した株価を検索。
  • 自動:すべてのカテゴリーから検索。

マイアラート

アラートを1つ以上設定している場合は、「ダイジェスト」ですべてのアラートの通知を1通のメールにまとめることができます。「マイアラート」の設定ボタン(歯車アイコン)をクリックしてください。

すると、「ダイジェスト」のチェックボックスが表示されるので、そこにチェックを入れ、メールを受け取る頻度を「1日1回以下」か「週1回以下」から選びます。

配信時間」のチェックボックスにチェックを入れると、メールを配信して欲しい時間を選ぶこともできます。

Googleアラートの設定面
Screenshot: Google アラート

アラートの削除

設定したアラートが必要なくなった場合は、簡単にアラートを削除して、メールを受信しないようにできます。

Googleアラートのページでサインインし、「マイアラート」のところで、削除したいアラートの横にある削除ボタン(ゴミ箱アイコン)をクリックするだけです。

Googleアラートのマイアラート
Screenshot: Google アラート

Googleアラートで興味のある情報を見逃さない

毎日Googleで検索をしていたり、同じようなことを週に何度も検索していると気づいたら、Googleアラートで興味のある情報をメールで配信してもらい、時間とエネルギーを節約しましょう。

1回しか検索する必要のないことについては、「日付でGoogle検索する方法(英語)」や「Googleでイメージ検索する方法(英語)」などをチェックしてみてください。

あわせて読みたい

Googleカレンダーの予定を最短で新規作成するChromeショートカット

大量に流れてくる情報を、自分好みにフィルタリングする方法


Image: Shutterstock

Source: Googleアラート

Original Article: How to Set Up Google Alerts for News, Shopping, and Entertainment by MakeUseOf

訳:的野裕子

swiper-button-prev
swiper-button-next