連載
特集
カテゴリー
タグ
メディア

質問攻めすれば、逆に自分のことは聞かれない|年末年始の集まりで

  • カテゴリー:
  • TOOL
質問攻めすれば、逆に自分のことは聞かれない|年末年始の集まりで
Image: Shutterstock.com

年配の親戚と会った時に、何を話せばいいのかわからない。

そんな場合、適切な質問を知らないだけかもしれません。

年末年始の集まりで、祖父母や年配の親戚の人たちと食事のお皿を回すだけでなく、おもしろい話が聞ける質問をしてみてはいかがでしょう。

どんな質問をすれば会話が弾む?

高齢者介護の情報サイト「A Place for Mom」に、年配の親戚との会話のきっかけがつかめない時にするといい20の質問リストがあります。例えば、以下のような質問です。

  • 「子どものころ、大人になったら何になりたかった?」
  • 「旦那さん/奥さんとはどうやって出会ったの?」(相手に合わせて少し変えてもいいかもしれません)
  • 「孫に人生のアドバイスをするとしたら何と言う?」

また「Family Tree Magazine」の20の質問リストには以下のようなものがあります。

  • 「初めての子どもが生まれた日のことを教えて」(ここも、相手に合わせて少し変えたほうがいいでしょう)
  • 「憧れの人は誰かいる?」
  • 「これまでで一番幸せだった時のことを教えて」

また、祖父母や親戚が子どもだった頃の年末年始はどうだったか(多分、親戚の集まりや大好きな食べ物の話などたくさん思い出があるはずです)、今は我が家の伝統になっている料理をつくる最初のきっかけなどを聞くのもいいです。

質問のテーマを決めて、会話の流れに沿った自然な質問を選ぶと、出し抜けに壮大な質問をするよりもはるかに効果的です。

もちろん、1対1で座って話をしたいのであれば話は別ですが。

親戚に質問すべき3つの理由

年末年始に、祖父母や年配の親戚にたくさん質問をしたほうがいい理由は3つあります。

1つは、これが一番大事なことですが、普段会う機会が少ない親戚と仲良くなれるからです。年上の親戚と話すのが苦手な人や、気まずくなってしまいがちな人は、いい質問をすれば、生涯忘れられない会話をすることになるかもしれません。

2つ目は、祖父母や年配の親戚の話や思い出は、時が来れば消えてしまうからです。

年末年始の集まりでは、小さな子どもの写真を撮ったり、動画を撮ったりするのには力を入れる人が多いですが、祖父母や親戚にカメラを向け、次世代に向けて思い出を残すのもいいです。

3つ目は、これが本当の“ライフハック”と言えるかもしれませんが、親戚の人生に関する興味深い質問をすれば、自分に煩わしい質問をされる時間が減るからです。

年末年始に親戚に会ったら、どんな質問をしたいですか? これまで聞いた質問で、特に思い出に残っている話はありますか?

逆に、しないほうがいい質問はありますか?

あわせて読みたい

年末年始の大量書類をスムーズに処理するための便利グッズ【今日のライフハックツール】

今すぐやろう、死は目前かもしれない


Image: Shutterstock.com

Source: A Place for Mom

Nicole Dieker - Lifehacker US[原文

訳:的野裕子

swiper-button-prev
swiper-button-next