連載
特集
カテゴリー
タグ
メディア

忙しい朝に無駄なく身だしなみを整える。時短を実現するフィリップスの「深剃りシェーバー」

Sponsored By 株式会社フィリップス・ジャパン

忙しい朝に無駄なく身だしなみを整える。時短を実現するフィリップスの「深剃りシェーバー」
Photo: 小暮ひさのり

ビジネスパーソンにとって、1日の中で最も貴重な時間といえば…。そう、身支度に勤しむ「朝」の時間帯。仕事へ向かうための1分1秒を争う自分との勝負がやってきます。

この家を出るまでの行動は、ある程度ルーティン化されていきますが、1つ1つの行動を分解して考えると、効率アップを狙えるシーンもあるはず。例えば、男性の身支度の代名詞でもある「ヒゲ剃り」を効率化できたらどうでしょう?

「…いや、ヒゲ剃りこそ適当に済ませちゃいけない!」

という声が上がるのも承知です。急いだ結果肌を痛めたり、剃り残しを指摘されて恥ずかしい思いをしたりと、急いでも良い結果に繋がらないことは、みなさんもご存知のはず。

たとえ急いでいても、ヒゲ剃りに関してはクオリティを妥協してはいけないのです。

191203phk01
Photo: 小暮ひさのり

このように時短向きではないシェービングタイムですが、実はツールを変えることで結果も変わってくるのをご存知でしょうか?

それを可能にしたのが、「肌へのやさしさ」と「深剃り」を追求したフィリップスの電気シェーバー「フィリップスS9000プレステージ」。この美しいメタルボディには、ヒゲ剃りを効率化できる理由がいくつも詰め込まれていました。

人のヒゲはすべて渦状!?効率的にヒゲが剃れる理由

そもそも、皆さんは毎朝出かける前のシェービングタイムで、「深剃り」できていますか?

朝にヒゲを剃っていても、夕方になるにつれて目に見えてヒゲが伸びてしまうなら、それは深剃りできているとは言えません

多くのビジネスシーンでは、身だしなみが整っている方がやはり相手によい印象を与えられますし、帰宅して迎えてくれた子供に頬ずりしようとしても、ジョリジョリとした肌ではせっかくの癒やしタイムもピューッと逃げて行ってしまいます。

では、夕方にもう一度ヒゲを剃れば…。

確かにそれも手段のひとつ。しかし、時短や効率化という面で見れば、朝の一度のシェービングでしっかりと深剃りし、帰宅時間までコンディションが保たれることがベストです。

191203phk03b
Photo: 小暮ひさのり

ところが、人間のヒゲは直線的ではなく、渦状に生えていることをご存知でしょうか。

そのため、深剃りするためには、さまざまな角度から刃を当てる必要があるのです。

191203phk04
Photo: 小暮ひさのり

そこで「フィリップスS9000プレステージ」の出番です。

シェービングヘッドはナノ粒子技術による強固でシャープな内刃。そして、確実にヒゲを捕らえる外刃を搭載した「ナノプレシジョン刃」がものを言います。

この合計72枚(24×3)もの刃があらゆる方向からヒゲにアプローチすることで、どんな角度のヒゲもスパッと深剃りしてくれるのです。その効果たるや、まるで脱毛したかのように!…は少々言い過ぎかもしれませんが、それに近いものを感じました。

私の驚きや深剃りの程度を文字で表現するのは難しいのですが、「顎をひとなでした時、肌との摩擦以外の抵抗を感じない」レベルであることはお伝えさせてください。

おかげで夕方〜夜に差し込まれた打ち合わせやミーティングへも、朝一度のシェービングで自信を持って臨めるようになりました。

肌にやさしく時短にも効果的。フィリップスならではのテクノロジー

191203phk05a
Image: フィリップス

フィリップスS9000プレステージ」が優れているのは深剃りだけではありません。

気合を入れて深剃りしたら、肌が真っ赤でヒリヒリに…。誰もが一度はある、ヒゲ剃りあるあるですが、「フィリップスS9000プレステージ」ではヘッド部の構造によってこの問題を解決しています。

3次元的に独立して動くシェービングヘッドの表面には、細かなメタルビーズコーティングが施されています。この「スキンコンフォートリングプラス」構造によって、シェーバーと肌の摩擦を低減してくれるのです。

実際肌に当ててみると、確かにこれはひと味違う滑りの良さ。「ここまでヘッドが大きいと摩擦も大きいのだろうな…」と勝手に頭の中で想像していたのですが、実際はそれとは真逆。

肌に押し当てながらも、驚くほどスムーズに動かせるのです。

191203phk05
Image: フィリップス

「ヒゲ密度感知システム」も注目すべきテクノロジーです。

ヒゲの生え方は人それぞれで、濃い部分もあれば薄い部分もありますが、「フィリップスS9000プレステージ」は、毎秒15回、ヒゲの密度を感知して濃さに合わせたパワー調整を行ないます。

これによって、一度のシェービングできちんと深剃りできるのです。不必要にヒゲ剃り時間を長引かせる必要はなく、短時間で、効率の良さを発揮できると考えると、この「フィリップスS9000プレステージ」の価値がさらに伝わるのではないでしょうか。

191203phk06
Photo: 小暮ひさのり

充電へのアプローチも現代的です。

使おうと思ったその朝にバッテリー切れを起こしてしまったら? 忙しい朝に、悠長に充電している余裕なんてありませんよね…。こうしたトラブルも、「フィリップスS9000プレステージ」なら心配ご無用。

「フィリップスS9000プレステージ」はワイヤレス充電に対応しているため、使い終わって「置く」という動作がそのまま「充電」へとつながるのです。面倒な配線は最初の一度きり。定位置を決めておくだけで、毎朝良いコンディションでスマートに利用できます。

こうした、いつでも完璧な状態で利用できる。というコンディショニングの良さも、現代ニーズにマッチした要素であるように感じます。

貴重な朝の時間を効率的に使うには、ヒゲ剃りも効率的に

191203phk07
Photo: 小暮ひさのり

1分1秒を競る貴重な朝の時間。

冒頭でも言ったように忙しくて色々やることはありますが、実はその行動はルーティン化されています。

だからこそ、ツールの見直しが効果的なのです。高性能なツールを導入することで、それまで当然とされていた行動も最適化できる可能性があります。

特に今回のようにシェーバーの見直しは一定の効果が期待できる投資、「時短」と「クオリティアップ」の両立も夢ではありません。

一度の投資で、毎朝のシェービングタイムが1分短くなるなら、見だしなみを整えたいなら「フィリップスS9000プレステージ」を選ぶことは、我々ビジネスパーソンにとって有益な投資だと言えるのではないでしょうか。

あわせて読みたい

シェーバーの刃の構造ってこうなってるのか。マイクロスコープで観察したら「深剃りかつ肌にやさしい」の秘密が分かった

テクノロジーで健康をつくるフィリップスの「回転式シェーバー」を使ってみた


Source: フィリップス

Image: フィリップス

Photo: 小暮ひさのり

小暮ひさのり

swiper-button-prev
swiper-button-next