連載
特集
カテゴリー
タグ
メディア

今日のライフハックツール

家の中で「鍵、どこ置いたっけ?」がなくなるコンパクトアイテム【今日のライフハックツール】

  • カテゴリー:
  • TOOL
家の中で「鍵、どこ置いたっけ?」がなくなるコンパクトアイテム【今日のライフハックツール】
Photo: キクチヨシカズ

出かける直前になって、鍵や財布、スマホが見つからず焦ってしまうことがありますよね。

そういった時、自分で探すよりも紛失防止タグ(トラッカー)の力を借りるとストレスなく簡単に探すことができますよ。

紛失防止タグの種類は徐々に増え続けていますが、中でも家の中で物をなくしてしまうタイプの方にはTileの「Tile Mate」をオススメします。

紛失防止タグで絶対重視したいのはかさばらないこと

紛失防止タグは、無くさないようにするアイテムに必ず付けておく必要があるのでその存在は限りなく邪魔にならないことが重要です。

このTile Meteは本体がとても35×35mmととても小さく、財布や鍵に付けても全くジャマにはなりません。

20191110_tile_5
Photo: キクチヨシカズ

6.2mmという薄さであり、財布に入れても全くかさばらないので普段使いでその存在が気になることは少ないでしょう。

20191110_tile_4
Photo: キクチヨシカズ

Tile Mateとスマホのリンク機能が頭ひとつ抜きん出ている

紛失防止タグの機能で絶対に必要なのは、タグ自体がアラート音や光でその居場所を教えてくれることですが、Tile Mateはその逆、スマホの居場所を逆探知することができます。

20191110_tile_7

鍵にTile Mateを付けておけば、外出する時、鍵かスマホが見つかればその逆もう一方を見つけることができます。

他の紛失防止タグにはこの機能が付いていない商品もありますが、一度この機能を使うようになると紛失防止タグで最も重要視する機能になります。

Tile Mateは各スマートスピーカーとのリンクが便利

20191110_tile_14
Photo: キクチヨシカズ

スマートスピーカーと紐付けすれば、家の中で「鍵の場所を教えて」と質問するだけでアラート音で置き場所を教えてくれます。

時間の無い時に、スマホからアプリを開いてタップして…というステップが意外と手間だったりします。

もちろん他の紛失防止タグでも紐付けはできますが、商品によっては英語のアプリしかない場合もある中、Tile Mateはしっかり日本語対応アプリなので、スマートスピーカーにインストールするのも簡単です。

Tile Mateの少し残念なところ

他社紛失防止タグの中には、紐付けしたスマホと◯m以上離れた時にアラート音で離れた(落としたり失くしたことを)知らせてくれる機能がありますが、その機能がTile Mateには付いていません。

例えば、道を歩いていて財布を落としてしまったり、荷物の置き忘れがあった時にこの機能があれば直ぐに気がつくことができます。

その代わり、最後に通信が途絶えた場所はログとして記録しているので、後で無くしていたことに気が付いた時、ログを辿ることで発見率は大きく上がることになるでしょう。

Tile Mateとスマホの設定方法

設定はとても簡単で数分で完了します。まず紐付けするスマホにTileのアプリをインストールします。

20191110_tile_8
Screenshot: キクチヨシカズ via Tile

次に、Tile Mateの電源を入れてアプリの案内に従いボタンを押すことでBluetoothから指定のTile Mateを見つけます。

20191110_tile_9
Screenshot: キクチヨシカズ via Tile

これで設定は完了。

20191110_tile_10
Screenshot: キクチヨシカズ via Tile

同じくスマートスピーカーの設定も簡単です。

20191110_tile_11
Screenshot: キクチヨシカズ via Tile

スマートスピーカーにTileアプリ(スキル)をインストールして、ログインするだけで設定は完了です。

20191110_tile_12
Screenshot: キクチヨシカズ via Tile

これで、「 Echo◯◯を鳴らして」と尋ねるだけで探す必要がなくなります。

Tile Mateは新製品が発売された今が買い時

20191110_tile_15
Photo: キクチヨシカズ

2019年10月にTile Mateは新商品が発売されました。今回紹介したTile Mateと大きな違いはBluetoothの距離が60mに伸びたことと、重さが1.5g軽くなったことです。

逆に、この機能向上にこだわりがないのであれば旧タイプの値段が大きく下がっている今が買い時だと思います。

まず初めての紛失防止タグとして、Tile Mateをお試ししてみてはいかがでしょう。

あわせて読みたい

高い耐久性を備えた、カラビナ一体式のアクションカメラ【今日のライフハックツール】

カードが16枚入る、ペンとメモ用紙も備えたコンパクト財布【今日のライフハックツール】

腕時計のバンドに施された、ちょっとだけ便利なひと工夫【今日のライフハックツール】

Source: Tile

Photo: キクチヨシカズ

キクチヨシカズ

swiper-button-prev
swiper-button-next