連載
特集
カテゴリー
タグ
メディア

今日のライフハックツール

コクヨの新しいアイデアが秀逸。携帯性と機能性を追求した新しいテープカッター【今日のライフハックツール】

  • カテゴリー:
  • TOOL
コクヨの新しいアイデアが秀逸。携帯性と機能性を追求した新しいテープカッター【今日のライフハックツール】
Photo:金子マモル

オフィスだけではなく、一般生活の様々な場面で役に立つセロハンテープ。

例えば、契約書類や請求書などを入れた封筒を閉じたり、ポスターや案内表示などを貼ったり、紙を貼り付けたいときにはよく使われます。

そして、通常はテープカッターと一緒に使うのではないでしょうか。

テープカッターは、持ち運びが簡単な軽いハンディタイプとオフィスなどでよく見かける重い据置きタイプの2種類があります。

ハンディタイプはテープ台を手で抑えなければならないので両手を使い、据置きタイプは片手で切れますが、サイズが大きく、重くて持ち運びに苦労します。特に専用デスクがないフリーアドレス制のオフィスでは難しいでしょう。

そんな課題を解決してくれそうなテープカッターがコクヨのGLOOテープカッターです。

場所をとらないサイズ感。コクヨGLOOのテープカッター

001
Photo:金子マモル

重さは126gと普通の据置きタイプの10分の1程度。幅も38mmと細く、場所をとりません。

セットできるテープは幅18mm・外径96mmまで対応しています。

軽いのに片手でカットできる

簡単にいうとテープカッターの底に特殊な吸盤がついていて、机にくっつき、片手でのテープカットを可能にしています。

002
Photo:金子マモル

吸着面がデコボコだと、吸着力が弱わります。そのため、机に貼ると吸着力が強まる軟質性の吸着補助シートが付属されています。

吸盤なので、外すのが大変だと思うでしょうが、このテープカッターはその点が優れており、横方向に力を加えても外れませんが、真上に引っ張るだけで机から離れます。

これは特殊な吸盤を使用しているので、上に引っ張ると吸盤内に空気が入り、外れるようになっています。

003
Photo:金子マモル

この吸盤のおかけで机に置くときに軽く押し付け、外すときには持ち上げる単純な操作での使用が可能になっています。

004
上から軽く押すと机に吸着します
Photo:金子マモル
005
リングの部分を軽く持ち上げると机から離れます
Photo:金子マモル

また、通常のテープカッターだと切り口がギザギザになりますが、特殊な刃を使用しており、軽く捻るだけで切れ、切り口がまっすぐになります。

006
Photo:金子マモル

携帯性と使い勝手のよさを追求

頻繁にテープカッターを使い、その場所に据置きできるのであれば従来の据置き型が安定しますが、近年はオフィスに自分専用のデスクがないフリーアドレス制の会社も増えています。

私は携帯性が優れていても、機能を犠牲にはしたくありません。それは作業するときに基本的な機能が低いとモチベーションと生産性がとにかく落ちてしまうからです。その点、GLOOテープカッターは優秀だと思います。

軽いため、もし、落としても壊れにくく、足に落としても怪我をしにくいでしょう。

GLOOテープカッターはハンディタイプの軽さと、据置きタイプの片手でカットできる手軽さを併せ持ちます。

新しい仕事環境に対応できるテープカッターを体験してみてはいかがでしょうか。

あわせて読みたい

わずらわしさと無駄な時間をなくす、収納力の高いペンケース【今日のライフハックツール】

お気に入りの手帳やノートをグッと便利にする、カスタマイズグッズ【今日のライフハックツール】

仕事とプライベートの予定が1ページにまとまる手帳。その秘密はタテヨコ仕様【今日のライフハックツール】

Source: コクヨ

Photo: 金子マモル

金子マモル

swiper-button-prev
swiper-button-next