連載
特集
カテゴリー
タグ
メディア

今日のライフハックツール

超小型カメラ内蔵で、内部を確認できる新世代の耳かき棒【今日のライフハックツール】

  • カテゴリー:
  • TOOL
超小型カメラ内蔵で、内部を確認できる新世代の耳かき棒【今日のライフハックツール】
Image: INDIEGOGO

耳かきは、気をつけてやらないと危険だという話を聞いたことがあるでしょう。

綿棒や耳かき棒を奥に突っ込みすぎたり、かえって耳アカを奥に押し込んでしまったりして、鼓膜などの大切な器官を傷つけてしまうことがあるのです。

自分でやるのはもちろん、誰かに掃除してもらったときでも、よく見えない耳の管の中を引っ掻き回されて、痛い思いをしたという人も少なくないはず。

でも、新世代の耳かき棒『Bebird』なら、ずっと安全に耳かきすることができますよ。

スマホ画面で耳の中を確認しながら耳かきができる

Video: BeBird Team / YouTube

これは、1080P HDの高画質小型カメラが先端に装備されていて、接続したスマートフォンの画面で内部を確認しながら耳かきできるという画期的なアイテムなのです。

しかも先端のスプーンはシリコーン製で柔らかく、デリケートな耳の内部を不用意に傷つけてしまうリスクも低くなっています。

取り出したい耳アカの状況に応じて、15種類ものアタッチメントが付属しているという驚きの機能性も、見逃せないポイントでしょう。

20191125_bebird_01
Image: INDIEGOGO

一度ペアリングしておけば、スイッチオンでスマホと自動接続してくれますし、フル充電で1.1時間の連続使用が可能。

また、キャップを閉めたらUVランプが点灯し、先端スプーンを殺菌するというギミックもあり、耳かきに本気で向き合って作られた器具だと言っても過言ではありません。

ちなみに、奥へ突っ込みすぎないように、カナル型ストッパーが装備されているなど、安全性への配慮も抜かりなし。

執筆時点で、すでに希望額の1586%にあたる出資を受けているというのも、納得の仕様ですね。

ゴール達成後の定価は、約1万700円となっています。

海外通販で買い物するときの注意点は?問い合わせに使える例文も紹介

あわせて読みたい

ソリッドなデザイン×移動時のストレスが軽減。SONY 「WF1000X M3」レビュー【今日のライフハックツール】

穴をあけずに洗面台まわりの空きスペースを有効活用できるドライヤーホルダー【今日のライフハックツール】

針なしホッチキスなら、シュレッダーもスムーズで書類もすっきり【今日のライフハックツール】

Image: INDIEGOGO

Source: INDIEGOGO

田中宏和

swiper-button-prev
swiper-button-next