連載
特集
カテゴリー
タグ
メディア

そのプレゼント、相手にガッカリされていませんか?

そのプレゼント、相手にガッカリされていませんか?
Image: Dragon Images/Shutterstock.com

「そろそろクリスマスのプレゼントを買おうかな?」と思う人が増える季節になりました。

今年は、プレゼントを選ぶ前に是非考えて欲しいことがあります。

相手が本当に欲しいものを選んでいますか?

相手に余分な手間をかけさせることになるものを選んでいませんか?

生産性と個人の成長の専門家であるNicholas Bateさんは、最近、プレゼントを買う前に考慮すべき7つの点をリストアップして、プレゼントを受け取る人に余計な時間や手間を取らせる品物を選んでいないか気をつけた方がいいとしています。

要するに、プレゼントを受け取る人の手間が結果的に増えるような物をあげないようにしてください。

具体的な例を挙げてご説明しましょう。たとえば、アイスクリームメーカーをもらったらどうなるか考えてみてください。

普段は買って食べるアイスクリームをアイスクリームメーカーを使って自分で作ることになります。

その場合、まずスーパーに材料を買いに行き、アイスクリームメーカーをセットしてアイスクリームができるのを待ちます。

最後は、アイスクリームメーカーの汚れを落としてきれいにしなければなりません。

もちろん、わざわざアイスクリームを自分で作ることが好きな人もいますが、たった1度そのアイスクリームメーカーを使い、Facebookに写真と一緒に「使いましたよ。ありがとう!」と投稿したら、2度とそのアイスクリームメーカーを使わない人もいます。

購入前に独りよがりのプレゼントになっていないか考えよう

人は、ときとして、相手に合うプレゼントでなく、相手に「こうなって欲しい」という思い込みで選んだプレゼントをあげてしまうことがあります。

あるいは、何を買ったらいいかわからず、ちょうどアイスクリームメーカーが特売になっていたから買ってしまったということもあり得ます。

ですから、クリスマス前の週末に何かプレゼントを買うときは、買おうと思っているプレゼントが受け取る人の手間を増やさないか、よく考えてみましょう(これは、友人の子どもにプレゼントを買うときにも言えることで、特に大きな音が出たり小さな部品が多いものを選ぶときは、気をつけましょう)。

でも、せっかくあげたプレゼントをもらった人が使ってくれなくても、落ち込む必要はありません。

本当に大切なのは、プレゼントをあげたいという「気持ち」です。

そして、「大好きな人がくれたプレゼントを開ける」という体験こそ、何よりも貴重なプレゼントになります。

あわせて読みたい

もらったプレゼントが気に入らないときの対処法

これだけは覚えておこう! プレゼントに困ったら「高級な日用品」


Image: Dragon Images/Shutterstock.com

Source: Nicholas Bate

Nicole Dieker – Lifehacker US[原文

訳:春野ユリ

swiper-button-prev
swiper-button-next