連載
特集
カテゴリー
タグ
メディア

家庭で使える電気不要のパワードスーツ! 介護や重い物の運搬や、中腰作業の負担を軽減

  • カテゴリー:
  • TOOL
家庭で使える電気不要のパワードスーツ! 介護や重い物の運搬や、中腰作業の負担を軽減
Image: Amazon.co.jp

ついに一般人が強化人間になれる時代が来たのか。

イノフィスの「マッスルスーツ Every」は、腰に負担がかかる作業中、外部筋肉として動作をサポートしてくれるというアイテム。

重量物を扱ったり、中腰の姿勢を長時間し続けたりすることが多くて、腰痛に悩まされているという人は要チェックです。

シーン別に対処できる2タイプの「マッスルスーツ」

Video: 株式会社イノフィス / YouTube

この「マッスルスーツ Every」には、ソフトフィットタイプとタイトフィットタイプの2種類がラインナップされています。

ももとパッドの間にゆとりがあって歩きやすく、製造・物流・建設業などの重いものを持ち運ぶ現場で使われているというのが、ソフトフィットタイプ。ただし、35度にかかんだ状態から補助力が作用するため、少しだけ腰を曲げた中腰を維持する作業には適さないとのこと。

これに対して、少しかがんだ状態からでも補助力が働くのが、タイトフィットタイプ

パッドがももに密着するので、しっかりホールドされ、その場で中腰を維持しての作業に向いているとのこと。反面、重量物を持ったまま移動するのには向いていないんだそう。

用途に合わせて、使い分ける必要がありますね。

空気の力でサポートし、電気が要らない

Video: 株式会社イノフィス / YouTube

装着方法は、上の動画で見てのとおり。

さすがに、数秒でサッと使えるとまではいきませんが、おもにベルトで体に調整していく感じで装着は難しくなさそう。

それに電気を使用せず充電が不要なので稼働時間を気にする必要がありません。

圧縮空気を利用したMcKibben型人工筋肉を搭載していて、補助力は25.5kgf。

この補助力とは、逆V字型の「マッスルスーツ Every」の下側、お尻あたりにくる部分を机の端っこなどに固定して、肩甲骨あたりに位置する上側に重りを乗せた場合、25.5kgまでは持ちこたえる、という解釈で間違ってないでしょう。

かなりハイパワーという印象です。

そしてこれは、人工筋肉。固形物で作った支持棒などとは違い、じわじわと補助するように働いてくれるものと思われます。

雪かきなど、外の作業でも使用できる

Image: Amazon.co.jp

S-Mサイズは身長150~165cm、M-L サイズは160~185cmの人にフィットするそうです。

少し気になるのは、本体重量が3.8㎏というところ。長時間バックパックを背負うことを考えると、ちょっと肩がこる重量感かもしれません。

とはいえ、それと引き換えにしても体へ非常に負荷がかかる重い荷物の移動中腰の仕分け作業介護のときなどにかけがえのない味方になってくれそうです。

使用環境温度はマイナス30度~50度と、日本で使うにはほぼ問題ない範囲。これにIP56の防塵・防水機能も付いており、雪かきのときなど、外でも安心して使用できますね。用途がばっちりハマる人にとっては、長く使える相棒になることでしょう。

ただ、もともと持っている筋肉は各部が常に連動するようにできていますが、このような外部筋肉を使いこなすには、少しばかり慣れが必要かもしれません。

何はともあれ、パワードスーツがここまでコンパクトに扱いやすくなって、一般家庭でも使えるようになったのは感慨深いもの。実際に試してみたいところですね。

なお、執筆現在の表示価格は以下。変更の可能性もありますので、販売ページをご確認ください。

Image: Amazon.co.jp

Source: Amazon.co.jp

田中宏和

swiper-button-prev
swiper-button-next