連載
特集
カテゴリー
タグ
メディア

食べ残したロースト肉は、サラダに入れると最高です!

食べ残したロースト肉は、サラダに入れると最高です!
Image: Shutterstock

寒い冬は、大きな塊のロースト肉に、ポテトや新鮮な野菜を付け合わせて食べるのが最高です。

私はたいてい、肉を食べ残してしまいます。でも、再加熱して食べることはまずありません。最初に調理した時点で火の通り加減は完璧になっているからです。

(スロークッカーで再加熱すればOK? 確かにそうですね。でもかなり時間がかかるし、私はお腹がすいてから料理を始めるタイプなので…)

サラダに入れるべし

食べ残したロースト肉のベストな食べ方は、実はサラダに入れることなんです。これから数カ月の冬の間は、ロースト肉、シチュー、パスタ、パンばかりを食べるという人もたくさんいることでしょう。

残ったラム、ビーフ、ポークを新鮮野菜の中に投入すれば、素晴らしい気分を味わうことができますよ。

野菜の上に肉をスライスして乗せればいい、というほどシンプルではありませんが、それほど大変な作業でもありません。

残ったロースト肉をサラダの素晴らしいトッピングにするには、ほんの少しのオイルと塩を加える必要があります。

美味しいオイルをプラス

オイルは重要です。とくに、ロースト肉を冷蔵庫に入れたり、乾燥剤と一緒に保存していた場合は、オイルが欠かせません。

ロースト肉をできるだけ薄くスライスし、肉が全体的にコーティングされる程度にオイルをふりかけ、軽くもんでください。

こうすることで、乾燥していた部分に潤いが戻るとともに、肉の脂肪もほぐすことができます。

あとは少量の塩と、お好みでコショウなどのスパイスをふりかけ、サラダを準備する間、少し休ませておきましょう。

チーズや果物とも合う!

そのほかのトッピングはあなた次第です。

私はいつも、この機会を利用して冷蔵庫の残り物を整理しますが、ブルーチーズ、エシャロット(または薄くスライスしたタマネギ)、果物(リンゴ、ベリー、杏、すもも、梅)などもぴったりです。

シンプルなヴィネグレットソースと合わせれば、冬の定番サラダになることでしょう。

あわせて読みたい

低温調理器を使った絶品ローストビーフの作り方

塩麹を使ったポークステーキの作り方


Image: Shutterstock.com

Source: ライフハッカー

Claire Lower - Lifehacker US[原文

訳:伊藤貴之

swiper-button-prev
swiper-button-next