連載
特集
カテゴリー
タグ
メディア

Firefoxの拡張機能「History Cleaner」が想像以上に便利

author 訳:遠藤康子/ガリレオ
  • カテゴリー:
  • TOOL
Firefoxの拡張機能「History Cleaner」が想像以上に便利
Image: Sharaf Maksumov (Shutterstock )

ユーザーのプライバシーに関して、私がよくおすすめするのはGoogle ChromeではなくFirefoxです。Googleがどれほどのユーザーデータを収集しているかを思えば、不安を感じるのは仕方がないでしょう。

Google Chromeはランク外? 広告ブロックに適した、信頼性のあるブラウザ5選


とはいえ、Googleも収集データの取り扱いに関して、ユーザーへの管理権限をかなり改善しています。たとえば、一部データを一定期間で自動削除する設定が可能になりました。これは、ChromeがFirefoxより優れている点の1つです。

Chromeでは、パソコンからログアウトすると、閲覧データが自動削除されるよう設定できます。

またGoogleは2019年に入ってから、ほかの種類の収集データも前よりずっと簡単に自動削除できる機能を導入しています。たとえば、デバイスの位置情報や、YouTubeの視聴・検索履歴などです。

Firefoxで自動削除できる方法が登場

いっぽう不思議なことに、Firefoxはさまざまなプライバシー保護機能を備えながら、デフォルト状態では閲覧履歴の自動削除ができません。

閲覧履歴を一定期間で自動削除したければ、サードパーティのアドオンに頼らなくてはなりません。その1つが「History Cleaner」です。

History Cleanerって何?

History Cleanerは、無料で使えるオープンソースのFirefox拡張機能で、私は「gHacks」の記事でその存在を知りました。実際に試してみたところ、嬉しいことに驚くほど簡単に使える機能だったのです。

やることは、ただインストールして期限を設定するだけ。あとはアドオンがやってくれます。

おまけに、History Cleanerが削除するのは閲覧履歴のみで、クッキーやほかのデータは残しておいてくれるのです。おかげで、削除の期限が来るたびに、あらゆるウェブサイトにログインしなおす必要がありません。

Firefoxに「History Cleaner」をインストール・設定しよう

Histrory Cleaner のページ
Screenshot: Brendan Hesse
  1. FirefoxのアドオンストアからHistory Cleanerのページを開き「Firefoxへ追加」をクリック。
  2. インストールしたら、URLバーに「about:addons」と入力。すると、Firefoxのアドオン設定ページが開きます。
  3. History Cleaner」をクリック。
  4. オプション」タブをクリック。
  5. Number of days to keep history(閲覧履歴を保存する日数)」を設定。たとえば、Firefoxの履歴を5日ごとに削除したい場合は、数字を「5」にしてください(ただし数字を「0」にすると、自動削除がオフになってしまいます)。
  6. 保存期間をセットしたら、設定を閉じます。これで完了、あとは何もすることはありません。アドオンが5日ごと(あるいは、あなたが設定した通り)に自動で閲覧履歴を削除してくれます。

あわせて読みたい

脅威から自分のアカウント・ログイン情報を守るための3ステップ

職場でひっそりNetflixを見る方法

最新のFirefox、注目すべき3つの変更点


Screenshot: Brendan Hesse

Image: Sharaf Maksumov/Shutterstock.com

Source: gHacks Technology News, Firefox

Brendan Hesse - Lifehacker US[原文

swiper-button-prev
swiper-button-next