連載
特集
カテゴリー
タグ
メディア

豆缶がおしゃれなマリネに変身。ヘルシー&加熱いらずの簡単レシピ

豆缶がおしゃれなマリネに変身。ヘルシー&加熱いらずの簡単レシピ
Photo: Shutterstock

豆の缶詰は、お手頃で便利であることは間違いないのですが、豪華な料理とは程遠い気がします。少なくとも、休日の華やかなパーティーの計画を立てるときに思い浮かぶものではないでしょう。

でも、今夜のパーティーのことをすっかり忘れてしまい、「何も準備してなかった!」という状況に陥ったら、豆缶の出番です。

キッチンの常備品と一握りの新鮮なハーブがあれば、ごく普通の豆缶でパーティーにふさわしい前菜ができるんです

手早く作るマリネにわざわざ正確なレシピは必要ありませんが、味のバランスは大切ですよ。

しっかりと下ごしらえを

まず、豆を選びましょう。2缶あれば十分です。1種類の豆だけ使っても、何種類かの豆を混ぜて使ってもOK。白豆黒目豆(ササゲ)、ひよこ豆ならどれを使ってもうまくいくでしょう。

豆缶を開けて水気を切り、豆を水ですすいだら水切りカゴに入れて乾かしましょう。豆を乾かしている間に、マリネ液を作ります。

味の決め手、マリネ液の作り方

上質なオリーブオイルを使えば確実においしくできますが、クルミオイルやピスタチオオイルを使ったり、複数のオイルを混ぜてみるのもいいですね。使用するオイルの1/3をごま油にすると味に深みが増します。

次に、香味野菜をオイルに入れます。さいの目に切った玉ねぎニンニク2~3片をみじん切りにして入れるとおいしいです。このとき、冷蔵庫にネギが残っていたら使い切るチャンスかもしれません。

オリーブピーマン調理済みのマッシュルームもあれば、細かく刻んで入れましょう。

お好みの香味野菜をオイルに入れたら、小さじ1/4の塩で味付けします。塩の分量は、豆に塩気がついているかどうかで調節しましょう。

レモン汁などの酸味を大さじ2杯加え、お好みで柑橘類の皮もすりおろして入れます(レモン約半分の皮で十分ですが、好みに応じてレモン1個分まで増量可能です)。スパイシーにしたいなら、チリペッパーを入れるのもありです。

仕上げは新鮮なハーブで

オイルにすべてを約5分間漬けてオイルに香りがついたら豆と混ぜます。ここで、好みの新鮮なハーブを半カップ入れましょう。別にしておいた大さじ2杯分のハーブで飾りつけたらできあがりです。

この豆のマリネは時間がたつほどおいしくなるので、できればパーティの2~3日前に作っておくのがおすすめです。

あわせて読みたい

超時短パーティーレシピ3品。メインは炊飯器で作る簡単「ミートローフ」

形崩れしないホイップクリームの作り方。秘訣はある材料を入れるだけ

煮込み不要!トースターで作る「鮭の焼きアクアパッツア」


Image: Shutterstock

Claire Lower – Lifehacker US[原文

訳:春野ユリ

swiper-button-prev
swiper-button-next