連載
特集
カテゴリー
タグ
メディア

腹筋を効果的に鍛えるためには、プランクよりも「プランク歩き」がオススメ

MYLOHAS

腹筋を効果的に鍛えるためには、プランクよりも「プランク歩き」がオススメ

ぽっこりお腹を30日間で平らに!

連載『Prevention』で人気の筋トレ動画コンテンツから、30日間の腹筋チャレンジプログラムを毎日ひとつずつ紹介します。

教えてくれるのは、ナイキマスタートレーナーのベティーナ・ゴゾさん。

お腹と同時に背中やお尻周りもひきしめて、理想の体型を手に入れましょう。

8~12レップ、もしくは30秒間×3セットが目標です。

プランクウォーク

  1. 前腕(ひじから先)を平行に地面につけてフォアアームプランクを行います。肩とひじの位置を揃えます。
  2. 右手で地面を押しながら右腕を伸ばした後、左腕も伸ばしてハイプランクに。
  3. 次に右腕、左腕と順番に前腕を地面に下ろし、元の体勢に戻ります。これで1レップです。8~12レップ繰り返します。

まさに歩くように行うプランク前腕と肩をしっかり動かしながら、コア、お尻、脚は固定し安定させましょう。

常に背中はまっすぐに、お尻は締めた状態をキープして、体が下がらないようにしましょう。

背中とお尻はできるだけ動かさないようにします。


あわせて読みたい

1日1分の腹筋を30日続けるだけで体型は劇的に変わるトレーニング法

重心は後ろに。二の腕とおなかを引き締める「ポスチュアウォーキング」

ダイエットに効果的な運動のタイミングは朝食前?:研究結果


Image: Prevention

マイロハスより転載(2019.12.05)

Tiffany Ayuda

swiper-button-prev
swiper-button-next