連載
特集
カテゴリー
タグ
メディア

レベル別・自分に最適なヨガのポーズが見つかるチャート図

レベル別・自分に最適なヨガのポーズが見つかるチャート図
Shutterstock.com

ヨガのクラスに慣れてきても、一人で(自宅で)ヨガをするとなると、どのポーズをやればいいのか悩んで躊躇するものです。

もしくは、オンラインで見つけたフローに従ってヨガをやっている場合は、自分のレベルにまったく合わないポーズを違うポーズに置き換えたり、自分に合うように調整するにはどうすればいいのでしょうか?

そんな時は「Stack52」のチャート図が、あなたにぴったりのポーズを見つけるのに役に立ちます。

ストレッチや、ケトルベル・トレーニングサスペンション・トレーニングのための“周期表”と同じように、ヨガポーズのチャート図もあり、縦列が体の動きのタイプ(股関節を開く、逆転、バランス)、横列が難易度で分かれています。

「Stack52」のチャート図の一部
グラフの一部 (ビデオ・デモンストレーションを含むStack52完全版を参照)
Graphic: Stack52

ですから、大車輪のポーズ(ウールドヴァダヌラーサナ)の後屈がきつすぎる場合は、一番左の縦列「バッグベンド/胸を開く」の上の方を見て、例えば、魚のポーズ(マツヤーサナ)の方が自分に合っているという感じで選びます。

もしくは、体をひねるのが好きな人は、一番右の縦列「ツイスト」から好きなポーズをいくつか選んで練習するのもいいです。(「Stack52」のチャート図でポーズをクリックすると動画のデモを見ることができ、いくつかやり方のバリエーションがあることもあります)

このチャート図は、十分にヨガの説明がされているわけではありませんので、あくまで参考で、自分の限界を知り、練習をコントロールするのは自分です。

ただ、一人でヨガの練習をやっていて、次にどのポーズをすればいいのか迷うことが多い人は、このチャート図がいいヒントになるのではないでしょうか。


あわせて読みたい

「太りたくない、でも運動する時間もない」人へ送る記事10選

1日1分の腹筋を30日続けるだけで体型は劇的に変わるトレーニング法


Image: Shutterstock.com

Graphic: Stack52

Source: Stack52, Lifehacker US (1, 2, 3)

Beth Skwarecki - Lifehacker US[原文

訳:的野裕子

swiper-button-prev
swiper-button-next