連載
特集
カテゴリー
タグ
メディア

チタンより40%も軽量。軽量で強度が高い複合材料を採用したマルチツール「M100.X」を使ってみた

machi-ya

  • カテゴリー:
  • TOOL
チタンより40%も軽量。軽量で強度が高い複合材料を採用したマルチツール「M100.X」を使ってみた
Photo: 島津健吾

仕事場や私生活において、たまに必要になるのがドライバー。たとえば、自転車、テレビのリモコン、家具の組み立てで、年に数回は使っているのでは?

しかし、必要になった時に限って、手元になかったという経験をした人も多いのではないでしょうか?

そこで、今回は軽量でミニマルなマルチツール「M100.X」を実際に使ってみましたので、ご紹介します。

軽量で持ち運び自由

DSC07333
Photo: 島津健吾

M100.Xは、航空宇宙分野や軍事品に使われている軽量、高耐久の素材を使用した、コンパクトなマルチツール。

12種類のドライバービットが付属し、16種類のツールとして使うことができます。

・軽作業用ドライバー:フィリップス型プラスドライバー(ヘックスタイプ)

・重作業用ドライバー・メトリックレンチ(5mm、8mm、10mm、11mm、13mm)

・インペリアルレンチ(3/16 "、5/16"、3/8 "、7/16"、1/2 ")

・メートルルーラー

・インペリアルルーラー

・ボトルオープナー

・パッケー

今回はプラスとマイナスのドライバーに加えて、栓抜きなどの使い方にも挑戦してみましたよ!

ビット2本を常にしまっておける

DSC07339
Photo: 島津健吾

本体サイズは手のひらよりも小さく、軽々と持てる重さ。デザインは多少メカニック感があるところが、マルチツール好きとしては嬉しいところです。

CF709A26-CDD5-4C72-88D5-C756A8FC8DC0-722-0000002C03732D42
Image: machi-ya

12種類のドライバービットのうち、2本は本体の内側にしまっておくことができます。確かに、12種類ものビットを常に持ち歩くのはスマートではありません。

その中から必要な2本だけを本体の内側に入れておくほうが、よっぽど合理的ですよね。そこで、私はマイナスドライバーとプラスドライバーを入れておくことにしました。

DSC07334
Photo: 島津健吾

横のフックを取り外すことで、ビットを内側に挿入できます。

DSC07337
Photo: 島津健吾

2本入れ終わったら、横のフックを元に戻すだけ。使いたい時だけ、またフックを開けてビットを取り出せばOKです。

ビットの使い方は2種類

DSC07357
Photo: 島津健吾

ネジを緩めたり閉めたりする時、ビットの使い方は2つあります。1つは、フックを閉じた状態で挿入口に差し込んで使う方法。本体に磁石が入っているので、ビットを下向きにしても落ちることはありません。ドライバー感覚で使うことができました。特にこれで不自由はないのですが、力を入れたい時にオススメなのがもう1つの使い方。

DSC07366
Photo: 島津健吾

本体のフレームに、ガッチリとビットを嵌め込むことができるんです!

このおかげで、本体を握ってより強い力でボルトを回すことができます。これはよく考えたなと感心してしまいました。

確かに、コンパクトなマルチツールは小さくて持ち運びが簡単な分、実際使うときに力が入らないということはよくありがち。その問題をカバーしたのが、この使い方なんですよね。

栓抜きやパッケージオープナーとしても使える

DSC07367
Photo: 島津健吾

さらに嬉しいのが、ドライバー以外の機能。たとえば、栓抜きとして使えることに加えて、パッケージオープナーとしても利用できます。ブレードは鋭利にはなっておらず、段ボールに切り込みを入れたり、ガムテープを切ったりするのに使えました! これは割と頻繁にある雑務なので、ドライバーよりもパッケージオープナーとして使用する機会のほうが多いかもしれませんね。

現在クラウドファンディング中!

DSC07333
Photo: 島津健吾

ここまでご紹介してきたミニマルなマルチツール「M100.X」ですが、様々な使い方ができ、なおかつバッグのポケットに忍ばせておくにはちょうどいい薄さと大きさでした。ますがミニマルなマルチツールといったところ。

この「M100.X」は、現在machi-yaでクラウドファンディング中。1つ4,895円で支援が可能ですよ。

>>手のひらに収まる軽量マルチツール「M100.X」の支援はこちら


Photo: 島津健吾

Source: machi-ya

島津健吾

swiper-button-prev
swiper-button-next