連載
特集
カテゴリー
タグ
メディア

透明度高し! 高度な加工で実現したサファイアクリスタル製ケースの「WTIFウオッチ」を使ってみた

machi-ya

  • カテゴリー:
  • TOOL
透明度高し! 高度な加工で実現したサファイアクリスタル製ケースの「WTIFウオッチ」を使ってみた
Photo:Junya Masuda

こんなのあったらいいよね、と想像するのはかんたんでも、実現させるには行動と熱意が必要。

とあるドイツ人の時計デザイナーは、美しくそしてダイヤモンドに次ぐと言われる硬度で丈夫なサファイアクリスタルに魅せられ、機械式腕時計を作りたいと一念発起。ところがその硬度ゆえに加工が難しく、結果7年の歳月をかけて完成させたのだとか。

そんな情熱が込められたサファイアクリスタル製ケースのWTIFウオッチ」が姉妹サイトmachi-yaでキャンペーン中でしたので、実物を拝見したいとお願いしたところお借りできました。

さっそく細部の状況などをレポートしたいと思います。

目を引く透明度の高いケース

R_DSC04139
Photo:Junya Masuda

ご紹介のとおり「WTIFウオッチ」は、ケース全体がサファイヤクリスタル製。スケルトンのケースの内に文字盤とムーブメントが浮かんでいるようなデザインです。

ちなみに、今回お借りしたのはSTEEL/BLACKモデルで、その他にもゴールドがアクセントになったモデルなど全6種展開になっています。

R_DSC04094-1
Photo:Junya Masuda

装着時でも独特の透明感が印象的。筆者は腕も手も大きい方ではないので、43.5mmのケースは大きな存在感を放っていますが、クリアなケースなので思いのほか主張は少なめだと感じました。フォーマルシーンはもちろんですが、カジュアルでも使いやすそうです。

機械式の醍醐味を存分に

R2_DSC04110-1
Photo:Junya Masuda

ケース全体がスケルトンなので内部構造が表からも

R4_DSC04110
Photo:Junya Masuda

裏からも確認が可能。メカや機械がお好きであれば、ずっと眺めていられるかも!?

wtif_movement
Photo:Junya Masuda

この動画のとおり、ムーブメントの精緻な動きも存分に楽しめます。ちなみにキャンペーンページによればムーブメントは定評のあるスイス製を採用しているとのこと。

R_DSC04129
Photo:Junya Masuda

ストラップはイタリアンレザーが採用されており、ケースに負けない高級感がありました。ケースからストラップに至るまで、各パーツにチープな印象はありませんでしたよ。

所有欲を満たしてくれる化粧箱

DSC04122
Photo:Junya Masuda

製品は焼印ロゴが入った木箱入りでおもてなしも十分

R_DSC04120
Photo:Junya Masuda

まだまだ新しいブランドなので有名ブランドのようなステータスやヒストリーはありませんが、人とはちょっと違う腕時計がいいなと思っているのであれば選択肢の一つとしてもアリじゃないでしょうか。

またこれからクリスマスなどギフトシーズンなので、時計好き、メカ好きな方へのプレゼントにも良いかもしれませんね。


ケース全体がサファイアクリスタルの機械式腕時計「WTIFウオッチ」は現在クラウドファンディングサイトmachi-yaでキャンペーン実施中。記事執筆時点で50名限定の超早割15%OFFコースが75480円(送料込)からオーダー可能となっています。

その他にもお得な2本セットコースも用意されているので、気になる方は下のリンクからチェックしてみてください。

>> ケーズ全体がサファイアクリスタルの機械式時計WTIFウオッチのオーダーはこちら

Photo: Junya Masuda

Source: machi-ya

Junya Masuda

swiper-button-prev
swiper-button-next