連載
特集
カテゴリー
タグ
メディア

スマホの買い替えに迷ったら、確認すべき5つの質問

  • カテゴリー:
  • TOOL
スマホの買い替えに迷ったら、確認すべき5つの質問
Image: Bodnar Taras/Shutterstock.com

新型スマホが続々と登場する中、そろそろスマホを乗り換えなければというプレッシャーを感じている人は少なくないでしょう。

史上最高をうたう最新スマホでさえ、半年後には安売りの対象になり始めます。

でも、本当に今のスマホを買い替える必要はあるのでしょうか。買い替えの前に自問すべき、5つの質問を紹介します。

1. 予算は大丈夫?

何よりも、先立つものはあるでしょうか? プレミアムスマホは高騰を続け、今や1000ドル(10万円)を超えるものは珍しくありません。

可処分所得が少ない人は、開封直後から価値が下がり続けるデバイスの購入など考えられないでしょう。

月賦で買うには利子が、2年契約等で買うには違約金が気になります。

新ガジェットがどんなにまぶしくても、まずは懐具合と相談しなければならないのが現実です。

お金が足りなければ、市場には安価なものがたくさん出ています。

とはいえ、現在フラッグシップ機を使っている人は、安いデバイスに変えても実質ダウングレードになるかもしれません。

2. 技術は本当に進んだか?

smartphones-compared-in-a-line

デバイスの発売時期は、あらかじめ決まっています。

そのため、技術の進歩が伴わなくても、メーカーは新製品を発売します。まれに、大幅なブレークスルーがあるケースもあるでしょう。

でも実際は、軽微な調整・改善と若干のデザイン変更にとどまることがほとんどです。

技術の進歩と価格の上昇は比例しません。ですから、今お持ちのデバイスを買い替えるほどの価値があるのか、自分で判断しなければなりません。

通常、1年おきに新製品が発表されることを考えると、技術は斬新的に進歩しています。

つまり、たとえばGalaxy S8とS9の間には大きな差がなくても、S10とS8を比べれば違いは大きくなり、S7と比べればより明白な違いが見られることになります。

ソフトウェアの改善は、デバイスのソフトウェアアップデートを定期的に受信しているかどうかによって異なります。

OSアップグレードがあると大幅な改善が見込めるため、ハードウェア買い替えの必要性は下がります。

残念ながら、Androidのアップグレードはブランドによって異なるので、誰もがそのメリットを享受できるわけではありません。

タイミングよく近い将来に大幅アップデートがあるようなら、買い替えは少し待ってもよさそうです。

ハードウェアとソフトウェアの両方が同時に変わる場合、宣伝の売り文句に騙されないように注意が必要です。

ユーザーレビューなどを参考にしながら、真の進歩を見極めてください。

3. 契約はどうなってる?

smartphone-with-sim-card

契約更新の時期も重要です。よくある2年契約なら、2年前とはいろいろな状況が変わっていることに注意してください。

たとえば、データコストは下がり続けています。アプリや通信手法の進化に伴い、通話やデータ通信の制限も変わっているでしょう。

現在の契約をよく見直して、格安プロバイダーへの乗り換えも検討しましょう。完全に解約する場合、今のプロバイダーが契約更新時に提供するアップグレードをあきらめなければなりません。

自宅と職場のWiFi環境が整備されているなら、プリペイドのSIMを買って今のスマホに挿すという方法もあります。

4. 日々のニーズに合致しているか?

買い替えを検討する前に、今のスマホが日々のニーズを満たしているかどうかを考えてください。

  • バッテリーが数時間しかもたない
  • 使いたいアプリが使えない
  • パフォーマンスやセキュリティに問題がある古いOSしか使えない

などのケースでは、新しいスマホが必要でしょう。

でも、今のスマホでやりたいことが十分にできているのであれば、買い替えは先送りしてもよさそうです。

仕事や趣味でスマホの写真を使わないのであれば、最新のカメラテクノロジーは不要です。

WhatsAppとCandyCrushしか使わないのであれば、超ハイパフォーマンスのスマホを買っても宝の持ち腐れになるだけです。

新デバイスがどんなに輝かしく見えても、本当に必要な出費なのかどうかを見極めて判断してください。

5. もっと安価な解決策はないか?

repair-smartphone-components

スマホのパフォーマンスが不十分でも、買い替えだけが選択肢ではありません。

たとえば、バッテリー寿命が問題なら、多くのメーカーがバッテリー交換をしてくれます。

リチウムイオン電池は経年劣化するので、バッテリー容量や効率も悪化します。

バッテリー交換だけでも、スマホのパフォーマンスは大幅に完全します。買い替えたい理由がバッテリーだけなら、まずはメーカーの保証がバッテリー交換をカバーしていないかを確認しましょう。

ストレージ容量が問題なら、クラウドで解決できるかもしれません。

ストレージ不足はパフォーマンス低下につながるので、デバイスが古くなったように感じてしまいます。

パフォーマンスが買い替えの理由なら、まずは工場出荷時の状態にリセットしてストレージを増やすことで解決しないかを確認してみてください。

求めている機能を提供するアクセサリーも検討しましょう。

カメラアクセサリーやオーディオアクセサリーなどです。アクセサリーによって、驚くほどの改善が得られる場合もあります。

スマホを買い替える時期は?

まだ買い替えるべきかどうかを悩んでいるなら、スマホがもう適切に動いていないサインを見つけるのも手でしょう。

あわせて読みたい

iPhoneを完全に復元する、DFUモードで解決できる5つの問題

汚れたパソコンやスマホ画面の簡単・安全なお手入れ方法


Image: Bodnar Taras/Shutterstock.com

Original Article: Upgrading Your Smartphone? 5 Questions to Ask Before You Do by MakeUseOf

訳:堀込泰三

swiper-button-prev
swiper-button-next