特集
カテゴリー
タグ
メディア

子どもの不要なおもちゃを劇的に減らせる3ステップ

子どもの不要なおもちゃを劇的に減らせる3ステップ
Image: Anna Nahabed/Shutterstock.com

家にあるわけのわからないプラスチックのおもちゃを全部捨てる、という暴挙に出たくなる理由は色々とあります。

固くて尖った物を踏むのにうんざりしているのかもしれません。

親は、子どもが持っているおもちゃの20%しか実際には遊ばないのを知っています。

それに、家の中のスペースはすべて使い果たしてしまっています。

しかし、子どもにおもちゃを手放させるのは至難の業です。

おもちゃ箱の底から(この4ヶ月間ずっとそこに眠っている)パウ・パトロールの消防車を引っ張り出しても、子どもはただそれを持っていたいのです。

子どもの不要なおもちゃを選別する方法

「Offspring」のFacebookグループのDianeが、叔母から伝授された解決法を教えていました。

子どもが「遊ぶおもちゃがない」と言ってきて嫌になった時に、やったことがあるのだそうです。

ステップ1:子どもが眠っている間に、おもちゃをすべてゴミ袋(透明でない)に入れてしまいます。

ステップ2:子どもがきちんと名指しで探すおもちゃを返します。

ステップ3:1カ月後、残りはすべて寄付します。

近藤麻理恵さんが本気で怒った時の“こんまりメソッド”みたいな感じです。

これは、いいやり方ではないかもしれませんが、プラスチックのおもちゃを減らせる一番手っ取り早くて満足度の高い方法です。

また、完全に手放さず、意地悪もせずに整理整頓する方法として、おもちゃをローテーションで回すというやり方もありますよ。

あわせて読みたい

子どもが遊びながら片付けの習慣を学べる、おもちゃとしても使える収納ボックス

古くなったリモコンをリユースする方法、ヒントは「子ども」

片付けのプロが教える、整理整頓できるようになる13の秘訣

どの自宅にも必ずある、子どものおもちゃにぴったりの日用品6つ


Image: Anna Nahabed/Shutterstock.com

Source: Facebook

Meghan Moravcik Walbert - Lifehacker US[原文

訳:的野裕子

swiper-button-prev
swiper-button-next