連載
特集
カテゴリー
タグ
メディア

「年齢は単なる数字」。81歳でスマホアプリを開発した女性のパワーの源とは

MugendaiMugendai

「年齢は単なる数字」。81歳でスマホアプリを開発した女性のパワーの源とは
Image: Mugendai(無限大)

年齢とともに衰えていく気力や体力。何か新しいことを始めるにも、口癖のように「もうそんな歳じゃないし…」などと漏らしてしまいがちです。

IBMが運営するWebメディアMugendai(無限大)では、58歳からパソコンを独学で習得し、81歳でスマートフォンのアプリを開発した女性が登場。そのとてつもないエネルギーの源泉が紐解かれていました。

「年齢は数字」。志が共有すれば、10歳の子とも分かり合える

ロングインタビューに登場していたのは、2017年にスマートフォンのアプリを開発し、Apple社が毎年開催する開発者イベントにおいて、同社トップのティム・クック氏とも会談した、若宮正子さんです。

若宮さんが開発したのは、ひな祭りで使う「ひな壇」に並ぶ人形を、正しい順番に並べ変えるというゲーム。シンプルな内容ながら、複雑な操作を敬遠する高齢者が楽しめるよう配慮された、まさに若宮さんにしかつくれないアプリといえます。

若宮さんは他にも、表計算ソフトであるMicrosoft Excelを用いて絵を描く「エクセルアート」などにも精通。「テクノロジーは身近なものの延長線上にある」として、ご自身と同世代の方にありがちな、テクノロジーへの障壁を取り除いています。

チャレンジはいつだって始められる。81歳でスマホアプリを開発した女性から学ぶパワーの源
Image: Mugendai(無限大)

それにしても驚くのが、若宮さんのアグレッシブさ。そのパワーの源には、「年齢はただの数字である」という考え方がありました。

テクノロジー以外にも好奇心旺盛な若宮さんは、海外旅行も満喫しています。インタビューでは、10歳の女の子と行ったエストニアに旅行について触れられており「重要なのは年齢ではない」と、以下のように語っています。

彼女と二人で話していたのは、これからの時代、年齢が違う者同士がフラットな関係性で話し合うことが重要だということです。結局、男か女かとか、世代の違いなんてことは関係なくて、志を同じくする者同士が一番仲良くできるんじゃないかと思いました。先ほど年齢は単なる数字と言いましたが、彼女のブログにも同じことが書いてありました。「若宮さんは84歳ですけど、対等な友達です」って。

シニアこそテクノロジーを使おう。思わずうなずいてしまう、その理由とは

インタビューの後半で語られていたのは、ティム・クック氏とも話したという「シニアとテクノロジー」について。若宮さんはこれに関しても「臆することなく、むしろシニアこそテクノロジーの恩恵を受けるべき」と指摘。ユーモアセンスあふれる表現で、以下のように語っています。

要介護の状態になったとしても、全ての人がお子さんやヘルパーさんに介護してもらえるわけではなく、極力テクノロジーに頼らざるを得ない時代になりました。ですから、早くからテクノロジーやAIとお友達になりましょう。ロボットは嫌味も言いませんし、何かをお願いするとしても気兼ねはいりません。

私も自宅にAIスピーカーを導入していますが、「エアコンを23度にして」ってお願いして、でも寒くなってきたから「やっぱり27度にして」っていうと、AIは「はい、27度にします」って、何の文句も言わずにやってくれます。これが息子や娘が相手だったら「だから最初から27度にすればよかったのに」とか、「何度も呼ばないで」とか、嫌味のひとつも言われてしまうでしょう?(笑)。

チャレンジはいつだって始められる。81歳でスマホアプリを開発した女性から学ぶパワーの源
Image: Mugendai(無限大)

時代の変化を恐れず、むしろ自分からその流れをつくり出す若宮さんの姿勢。その生き方は簡単に真似できるものではありませんが、とても前向きな気持ちを与えてくれます。

その他にも、若宮さんがこれからの時代に重要だという「人間力」と「情報力」の話など、続きはMugendai(無限大)よりお楽しみください。


Image: Mugendai(無限大)

Source: Mugendai(無限大)

渡邊徹則

swiper-button-prev
swiper-button-next