連載
特集
カテゴリー
タグ
メディア

今日のライフハックツール

着るBluetoothスピーカーでランニングが捗りそう【今日のライフハックツール】

  • カテゴリー:
  • TOOL
着るBluetoothスピーカーでランニングが捗りそう【今日のライフハックツール】
Image: ROBN

イヤホンの装着感とフィット感は向上していますが、ランニングなんかで使用する際は、まだ一抹の不快感、落下への不安感がぬぐえないんじゃないでしょうか。

耳をふさぐと周囲の音が聴こえづらいのも何気にストレスです。

着る(!)タイプのスピーカーROBN H1』を導入すれば、こうしたものすべてから解放されそうです。

特許出願中のハンズフリーオーディオシステム

ROBN-4
Image: ROBN

ランニングで『ROBN H1』を着て行けば、イヤホン、そしてスマホを取り出しての再生操作が不要になります。スマホとBluetoothで接続し、左右のショルダーベルトから音楽やオーディオコンテンツが流せます。

ちゃんとマイクもついていますので、ハンズフリーでの通話も可能。ユニークなこうしたシステムについては特許出願中とのことです。

ボリューム操作は大きめボタンで

ROBN-2
Image: ROBN

大きめボタンにより、人が多い区間ではボリュームを下げたりといった操作が簡単です。

ROBN-1
Image: ROBN

耐久性があって軽いので、ランニングやサイクリングで解放感が得られるだけじゃなく、ボルダリングやテニスといった、激しめのアクティビティでも気がねなく活用できそう。今まで音楽が持ち込めなかった領域を開拓しましょう。

LED点灯でナイトランも安心

ROBN-5
Image: ROBN

各種設定やバッテリー残量はアプリから可能。満充電で最大5時間の連続再生ができ、スタンバイ状態では20時間もちます。

周囲の音が聴こえて安全なだけじゃなくLEDを光らせることもできて、夜間のランニングやサイクリングでも活躍しそうです。

『ROBN H1』は公式サイトなどから購入できて、価格は139ドル(約1万5000円)+ 送料が22.33ドル(約2400円)となっています。

海外通販で買い物するときの注意点は?問い合わせに使える例文も紹介

あわせて読みたい

ソリッドなデザイン×移動時のストレスが軽減。SONY 「WF1000X M3」レビュー【今日のライフハックツール】

1日1万歩は歩き過ぎ?ハーバード大の研究で明らかになったウォーキングの新常識

イヤホン・ヘッドホンを知り尽くすプロが解説。「音声メディア」の真価を引き出すアイテム6選

Image: ROBN

Source: ROBN

山田洋路

swiper-button-prev
swiper-button-next