連載
特集
カテゴリー
タグ
メディア

今日のライフハックツール

風呂の寒さを我慢せずに、水を65%節約できる“2段構え”シャワー【今日のライフハックツール】

  • カテゴリー:
  • TOOL
風呂の寒さを我慢せずに、水を65%節約できる“2段構え”シャワー【今日のライフハックツール】
Image: Nebia

これからの季節、水がもったいないからといって、洗髪のときにシャワーを止めるのが難しくなりますよね。なんならシャワーを浴びているのに寒い…なんて状況もあるかもしれません。

スマートに進化したシャワーを使えば、お風呂の時間がもっと快適なものになりそうです。

水を節約しつつ暖かさが保てるよう研究されつくされたシャワー、『Nebia Spa Shower 2.0』をご紹介します。

極小の水滴を3倍速で噴霧

Video: Nebia / YouTube

『Nebia Spa Shower 2.0』の先進性は、アルミニウムでできたその外観だけじゃありません。精密に位置を調整された10個のノズルからお湯を霧状にして噴霧。

一般的なシャワー比2倍の範囲、そして3倍速の噴射により、お湯の量は少ないのに体感は暖かいというミラクルなシャワー体験を実現しています。

体に当てて暖かさを補うサブシャワーを搭載

Nebia-2
Image: Nebia

メインのシャワーのほかにもう1つ、体の位置に設置するサブシャワーを備えています。お湯を効率よく体に当てられて、お風呂で寒さをがまんする苦行から解放されそうです。

また、こちらは取り外し可能なので、体を洗うときにスポット的に活用することもできます。

65%の水の節約に

Nebia-1
Image: Nebia

こうした少ないお湯で快適さを最大化する工夫により、従来より65%も水が節約できるようです。

ちなみに、水道代がいくら節約できるかサイトで計算できるようになっていて、たとえば東京在住で1日2回、1回9分間シャワーを浴びるケースで、1年あたり226.62ドル(約2万4800円)コップ18万3960杯分の水が節約できるようです。

『Nebia Spa Shower 2.0』は公式サイトから購入できて、製品価格499ドル(約5万4500円)、送料80ドル(約8700円)となっています。

公式サイトには、設置方法を親切に解説してくれている動画なども掲載されていますので、ご興味ある方は参考にしてみてください。

海外通販で買い物するときの注意点は?問い合わせに使える例文も紹介

あわせて読みたい

穴をあけずに洗面台まわりの空きスペースを有効活用できるドライヤーホルダー【今日のライフハックツール】

キッチンを引き締めるデザイン、水切れの良さが魅力の水切りかごレビュー【今日のライフハックツール】

効率的に肉と野菜を焼ける、BBQの手間が減るデュアルグリル【今日のライフハックツール】

Image: Nebia

Source: Nebia

山田洋路

swiper-button-prev
swiper-button-next